ハーメルン
サムライミ版のピーターに憑依した男っ!!
第十三話



「作戦はこうだ」


出前で頼んだ中華料理の空き箱を乱雑に退かせ、ウェンディへのアクセスがシャットダウンする前に保存していたオズコープ本社の見取り図を広げながらオクタヴィアス博士とハリー、ロージーに説明を始めた。

ウェンディ……ウルトロンはオズコープ社内の地下15階の隔離エリアに本体が置かれている。ノーマンは同階に閉じ込められており、今もウルトロンを完全なる自律AIにするように改造を強要されていることも分かった。

今回の作戦の目標は、1に人質となったノーマン・オズボーンの救出。2にゾラ博士によって改造されたウルトロンの中枢ユニットを分離、それを奪還することだ。中枢ユニットはウルトロンのコア部にある三枚のパネルで構成されており、ガードシステムを解除すれば簡単に取り出せる設計は残っているはずだ。

オクタヴィアス博士とハリーと三人でガードシステムを無効化する抗ウイルスソフトは作ったものの、問題はどうやってオズコープの中に入り込むか。

対策は案外簡単に思いついた。


「はぁい、ピーター。オクタヴィアス博士も。何かあった?」

「グウェン。頼みがある」


グウェン・ステイシーは今専攻学科のためにオズコープにインターンシップをしている。オクタヴィアス博士や俺とも面識がある彼女だ。巻き込むのは申し訳ないが、やることは簡単だ。中に入り、一般に解放されているパソコンのUSBに俺たちが使ったグーバーを挿すだけ。それだけで数分間はオズコープ社内のあらゆる監視システムが凍結する。

その間に忍び込んで……というのが囮だ。

その役目はオクタヴィアス博士とハリーがやってくれる。正面からオズコープに二人が乗り込めばオズコープの社員や、ヒドラに属する構成員も対処する羽目になる。

その間に俺が通気口の内部に侵入。地下へ繋がるシャフトを通って一気に地下へと潜入する作戦だ。


「すまない、グウェン。君にこんなことを……」

「いいのよ、ピーター。それに……誰かとそういうのをするのってなんだかワクワクするしね」


そう言ってウインクをしてくれたグウェンはやっぱりいい女の子だと思う。不幸体質持ちのピーターより別の人と仲良くなって是非とも幸せになってほしいものだ。

さて、俺のスーパーパワーを見たオクタヴィアス夫妻の反応はと言うと、意外にもすぐに冷静になっていた。なんでもアークリアクターの開発などで年相応には見えない姿を感じており、そんなピーターがスーパーパワーを持っていると言っても、「あ、はい」という感想しか思いつかなかったらしい。

それよりも二人はすぐに、その力をどうやって有効利用するか議論をし始めた。てっきり質問攻めに合うだろうと、「ピーターのパワーバレた時の言い訳語録」を用意していたハリーは肩透かしを食らったような表情をしていた。


「ピーターになぜ能力が備わったのかは我々じゃ説明はできない。だが、その力の使い方を考えることはできる。伸縮素材は昔、ロージーが研究していたんだ」

「任せて。空気抵抗が少ない最高のものを作るわ」


そう言って張り切って家の倉庫から伸縮素材を引っ張り出してきたロージーが型紙を元にスーツを作り始めてゆく。伸縮性に優れた布の研究。その論文発表会でロージーと出会ったんだと馴れ初め話をするオクタヴィアス博士に、彼女もまんざらじゃない笑顔を浮かべていた。居合わせたグウェンも「博士ったら同じ話ばっかりするのよ」と呆れた顔をしていた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析