ハーメルン
サムライミ版のピーターに憑依した男っ!!
第十四話

デーンッ!!(Spyder-Man)
※東映版スパイダーマッ アイキャッチ











ニューヨーク、オズコープ本社。


「こちらタスク1、配置についたわ」


作戦は朝8時から開始された。まず作戦の起点となるグウェンがオズコープ本社内に入館。インターンシップで彼女は公式のオズコープIDカードを持っており、始業前から定時の間までは社内へ自由に行き来できる。

今回の作戦ではハリーお手製の小型インカムをそれぞれ装着しており、グウェンは見た目からしても普段使い用のデザインとなっているため入口の警備員にも怪しまれずに入ることができた。

そのまま一般用に開放されているデスクトップパソコンの元へと向かった彼女は手早くポーチからグーバーを取り出してUSBの差し込み口へと差し込む。


「おはよう、何をしてるんだい?ステイシーくん」


ハッとグウェンが振り返るとそこには彼女の担当部署の上司が立っていた。まずい、グウェンは視線を彷徨わせずに挨拶してきた上司に笑顔で挨拶を交わした。


「いえ、一般用に開放されているPCについていくつか疑問がありまして」

「疑問?そのPCはオズコープ社の内部案内に対応するためのものだが?」

「そう!それが問題なんです!ネットワークにアクセスしている以上、何かしらの危険な点は留意しておかないと!」


上司の視界からグーバーを隠すようにグウェンは身振り手振りで話題をスラスラと話していくが、その様子に上司は眉を顰めた。そもそも、上司が言うようにこのPCは単にオズコープ社内の部署案内などでしか使えない閉鎖的なパソコンでしかない。たしかに彼女の言うようにネットワークには繋がっているが、それはあくまでオズコープ社内に限定されたネットワークに過ぎない。外部からアクセスするなど、特殊なソフトなどを持ち要らなければできないはずだ。

そして、その上司の懸念は的中していた。グウェンが差し込んだグーバーは組み込まれたプログラムに従って内部ネットワークへと割り込み、防犯用のシステムの書き換えをしている真っ最中だ。こんなところで上司にバレて抜かれでもすれば防犯システムの書き換えはできないし、グウェンは捕まってインターンシップどころか学校からも退学を命じられるかもしれない。

チラチラとデスクトップPCを見る上司に、グウェンはえへへ、と誤魔化すように笑った。


「それで、君はこのPCで何を調べていたんだ?」


少し感情がこもった顔で上司はグウェンの肩を掴んで退かしてパソコンを見た。だがデスクトップに映るのはノーマン・オズボーンが社内理念やオズコープの存在意義、社会貢献度について語るばかりの動画だけだ。他に怪しいところはない。上司は画面からグウェンの顔を見ると、彼女は何かわからないと言った風な顔で上司に向かって首を傾げた。


「ごほん、わかった。ステイシーくんの指摘通り、法務部に一般開放用のPCにも監視をつけるように提案しておこう」

では、始業に遅れないようにとだけ言って上司はそそくさとオフィスへと向かっていく。その後ろ姿を手を振りながら見送るグウェン。もう片方の手には監視システムを書き換え終えたグーバーが握られていた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析