ハーメルン
サムライミ版のピーターに憑依した男っ!!
第十六話




これまでのあらすじ。この世界でスパイダーマンになったと思ったらスパイダーグウェンがいました。あらすじ終わり。


「正解だけどほんとはスパイダーウーマンよ。ハロー、オズボーンさん」


現実逃避してる場合じゃねぇ!!スーパーパワーを持った俺を見ても何とか冷静さを保っていたノーマンさんが今に白目剥いて気絶しそうになってるし!!ずるいぞ!俺だって気絶したい!!いや、そんな冗談を言ってる場合じゃないんだって!!


「なななななんで、君……どうして!?」

「狼狽えるピーターって珍しいって思ったけど、割と予想外のことに見舞われると挙動不審になるのよね」


マスクを脱ぐとほんとにグウェンだった。ほげぇー!?スパイダーグウェンの世界では、彼女の父は助かるが、俺がマッドな実験の結果リザードになる運命にあるはずだったのに、なんでかこの世界にはスパイダー人間が二人もいるのだ。これは俺の死亡フラグ立った?というかウルトロンことMCUのゾラ博士もいるし、もうこれわっかんねぇな。


「だ、だから君……なんで!?どうして!?」


とりあえず説明を求めると、彼女はブロンドの髪を少しだけ指先で払ってから得意気に語り始めた。





OK。なら、最初から説明してあげる。

私の名はグウェン・ステイシー。遺伝子操作された蜘蛛に噛まれてスパイダーパワーを手に入れた、スパイダーウーマン。

ただ、私は本来はこんな力は手入れていない。


だって私は……死んだのだから。愛する彼、ピーター・パーカーの目の前で。


彼には私を救えなかったという大きな心の傷を与えてしまったと思う。けど、彼に対して恨みも何もない。彼は精一杯にやった。その結果でああなってしまったなら仕方ないと思えた。

けど、私の人生も彼の人生のように奇想天外だった。

私がこの世界に生まれ変わったとわかったのはハイスクールに入った頃。

警察官だったパパの運転するパトカーがピーターを跳ねたときだった。ピンっと何かの糸が張られたように私は前世……というより、別の世界で一生を終えたグウェン・ステイシーの記憶を思い出した。

それから、まぁ記憶の混乱とか、色々とあったけれど、なんとか取り直した私はこれから進むべき道を考えた。

ピーターと関わらずに生きていくという選択肢もあるだろうと思った。

この世界にピーター・パーカーは存在する。けれど、彼が私が愛した彼である保証はない。たぶん、全くの別人なんだと思う。だから気にしないで、私は彼と関わらない新たなる人生を歩むべきなのだろうかって。

だけど、答えは決まっていた。

私はピーター・パーカーに傷を負わせない。癒えない心のトラウマなんて与えない。今度こそ、私がスパイダーマンとして、ピーター・パーカーとしての彼を支える。

そう決意してから行動に移すのは早かった。

まず、この世界にいるピーター・パーカーの情報集めだ。彼を轢いてしまった父は気の毒ではあるが、彼との縁を繋いでくれたのだから感謝している。入院している病院を聞き、挨拶に出向いたのだが彼は退院しており、残っていたのは荷物を引き取りに来ていた彼の叔父だけだった。

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析