ハーメルン
サムライミ版のピーターに憑依した男っ!!
第一話




ノーマンさんに話を通してから、コロンビア大学の社会見学までの期間。

俺ことピーター・パーカーは、ノーマンの息子であるハリーを引っ張り回してオズコープの管理下にあるラボで忙しい日々を過ごしています。

ハリーに持ちかけた話についてだけど、内容は割と簡単というか……俺が生きていた時代というか、前世では結構標準化されたものを逆輸入したものだったりする。

俺が前世でやっていたのは制御機系のエンジニアだ。一言に電気制御と言えど、その内容は多岐にわたる。

たとえば工場で動いている機械の制御から、施設ネットワークの構築に、衛星回線を使ったデータリンクの構築とか。大手メーカーが出すあらゆる制御ユニットを横並びで繋げて丸一週間ビルのサーバールームに立てこもって配線作業をしていたりしていた。

そんでもって、膨大なビッグデータを平準化したり、そのデータから必要なものを抽出したり、あるいは平均値を取ったり……勤務体制はブラック通り越して暗黒だったけど、割と趣味にも走れたし、そういったことが面白かったから技術力はメキメキと上がっていった。

そしてそこに、ピーター・パーカーの天才的な頭脳が悪魔合体した結果、俺は〝短納期〟で〝アグレッシブ〟な機器の設計に着手したのだ。

簡単に言えば、ノーマンさんにデザインレビューした自立支援型のAIだ。

本音を言えばアイアンマンのジャービスみたいなクソかっこいい支援システムを作りたかったんですけど、データベースの容量が足りなすぎるのと、単純に俺の技術力不足が原因で実現は難しいと判断されました、悔しい。

あと、サム・ライミ版の時代ってまだガラケーの時代で、画面スワイプできる液晶モニターが掌サイズに小型化されるのはもう少し先の話だったりする。具体的に言えば10年後くらい。

同時にラボ内でネットワーク直繋ぎの処理用のユニットには膨大なデータが一日中注ぎ込まれるため、機器も割と大きめになってしまった。

そこで、端末ボディを小さくするために処理ユニットは独立化させて、端末には電波で送受信させる仕組みを確立した。

実はこのやり方って工業用制御製品ではポピュラーな方法でもある。

この世界でも基本的な通信機器装置は取り扱っていたので助かった。型式は無論古くはなるが、頭数を増やせば何とかなる。

そのため大規模な開発やコストは大幅に削減できたりする。まぁ処理ユニットはアホみたいに大きくなるし、演算用のCPUやメモリが馬鹿みたいに膨大になるから冷却の電気代とか管理費とか、そっちに金が掛かるんだけどね!!

ノーマンさんの話じゃ、将来的に人工衛星通信の一回線を取れば地球の裏側までデータの送受信は可能になるらしい。さすがオズコープ!俺にできない金の使い方を平然とやってのける!そこに痺れる憧れるぅ!!

ちなみに衛星通信の回線一本でめちゃんこ高い。前世俺の生涯年収を軽く2倍くらいした金額。月払い契約もできるらしいけど好き勝手やりたいなら占有回線買えば?というマネーパワーの権化みたいな言葉をいただきました。

さて、大まかな機能の設計はできたが、中身よりも外見が伴うのが世の常である。どれだけシステムが優秀でも見た目がダサければ客は寄ってこない。

そこで出番となるのが我が親友であるハリー・オズボーンである。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析