ハーメルン
サムライミ版のピーターに憑依した男っ!!
第十八話



「タイムズスクエアフェスティバルにお越しいただき、ありがとうございます!本日のメインイベントが始まりますので、皆さんどうぞお楽しみください!」

その日のタイムズスクエアは年に一度のフェスティバルで賑わっていた。大通りは歩行者天国となっていて、印象的なタイムズスクエアのスクランブル交差点には特設ステージが設けられており、歌手が歌声を披露する中、多くの人々が出店やフェスティバルの空気感を楽しんでいた。


「これは長官、ご足労いただきありがとうございます」


そんなフェスティバルを見下ろせるビルのバルコニーでは、フェスティバルの主催者や来賓として招待された著名人や政界の人間が立食形式のパーティーを楽しんでいる。

笑顔で挨拶をする傍ら、腹の探り合いをしている政界の人間を横目に、オズコープの役員たちを引き連れたストローム将軍は、政府の国防長官と握手を交わした。


「将軍、あなたの働きはペンタゴンまで聞き及んでおりますよ。プロジェクト・ウルトロン、兵士を傷つけないでアメリカ合衆国の威厳を示す素晴らしい武器だ」


彼は将軍を押し立て、彼が主導したウルトロン・プロジェクトへの出資を決定した人物でもある。握手をしたままそう言葉を交わし、そのまま肩越しに顔を近づけて小さくつぶやく。


「ハイル、ヒドラ」


それだけで彼がどう言う人間なのかは把握できるだろう。ストローム将軍が自律AIを手に入れ、それがゾラ博士によって「ウルトロン」へと改造され、さまざまなプロジェクトが動き始めたのだ。全ては彼らの持つ一つの野望。世界をアメリカ政府ではなく、ヒドラが管理する完全なる秩序が保たれた世界に変えることだ。


「ありがとうございます、長官。では来賓席へ」


来賓席へと案内を任せ、ストローム将軍はその場にいるオズコープの役員たちを見渡す。なにも彼らをただここに連れてきたわけではない。将軍がバルコニーから見下ろすと、そこには数十のアーマーが佇んでいた。


「将軍、準備は滞りなく」


そう報告する役員に、よしとストローム将軍は頷いた。あのアーマーは無人だ。中はぎっしりと機械が詰まっており、受けた指令を忠実に実行する戦闘マシーンである。その司令権限を持つのは、ゾラとストローム将軍で作り上げたウルトロンであった。


「なんだあれ?」


ふと、フェスティバルに来ていた参加者が空から何かがこちらに向かってくるのを見た。その影は最初は小さく、鳥か何かだと思ったが、徐々に近づくに連れて、飛んでくるものが人型で、飛行物体に乗っているのがわかってきた。


「イベントの出し物か?」


あながち間違いではない。だが、こんな予定ではなかったとストローム将軍は思っていた。たしかにウルトロンが操る指揮官型のアーマーがここにたどり着く予定であったが、近づきてきたソレの姿はストローム将軍が見た指揮官用のものとは明らかに異なるフォルムをしていたのだ。

グライダーに乗ったアーマーは著名人がいるビルのバルコニー付近まで飛んで、そこで器用にホバリングして停止した。


《ストローム将軍、君には世話になったよ》


その声にはどこか聞き覚えがあった。電子的なノイズが混ざっているものの、ねっとりと纏わりつくような声色と口調は間違いなかった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析