ハーメルン
サムライミ版のピーターに憑依した男っ!!
第三話



目が覚めたら体がマッチョマッチョになっていましたピーター・パーカーです。

某ワクチンの1回目と2回目の副作用とインフルエンザ級の寒気とかがいっぺんに来たような体調不良に見舞われて一夜。

まじで起きたら体が激変していた。悪かった視力も良くなり、両目の視力は2.0以上は固いくらい。体も筋肉がついており、昨日までの貧相な姿とは本当に別人と言えた。

鏡の前で思わずマッスルポーズを取ってしまう原作ピーターの気持ちがよくわかる。コンコン、と自室のドアをメイ叔母さんが叩いた。


「ピーター、大丈夫?」

「あぁ!大丈夫だよ!」

「何か身体に変わりはない?」


うん、そうだね!すごく変わった!そう答えると、朝食はできてるわとだけ伝えてメイ叔母さんが降りてゆく音が聞こえる。視力もそうだけど聴力もかなり向上しているらしい。五感全般が鋭敏になったような感覚だ。

手早く着替えを済ませてゆっくりとドアを開ける。いつものようにドアノブを握ると、異常な握力でノブが果物みたいに潰れてしまいそうだった。


「おはよう、ベン叔父さん」

「あぁ、おはよう。ピーター」


今朝の朝刊を読んでメイ叔母さんの作ってくれた朝食を口にするベン叔父さんだが、その様子は普段通りだった。

原作で職を失って間もない頃だったベン叔父さんであるが、ここでは少し違う。俺やハリーが立ち上げたラボの手伝いをしてもらったりしているし、ラボであげた成果をノーマンさんに買い取ってもらい、そのお金を家に入れたりしているので、家の経済状況が苦境に立たされているということはなかった。

叔母さんの作ってくれたオムレツをペロリと平らげ、追加で傍に置いてあったシリアルを皿に入れる。アメリカのココナッツミルクは最高だ。シリアルとココナッツミルクをかきこむ俺の姿を見て、メイ叔母さんは珍しそうな顔をしていた。


「よく食べるわねぇ、ピーター」

「うん、美味しいよ。メイ叔母さん。昨日晩ごはんも食べずに寝ちゃったからお腹ぺこぺこだったんだ」


事実である。一晩で肉体が文字通り作り変わった俺は、今は消費したカロリーを求めている。原作のピーターはよく朝食べずに出たよな。多分、ここでのんびり朝ごはん食べてるからMJの後ろ姿見ながらポエミーなことをいうシーンのフラグは折れてるだろうけど。

ごちそうさま、と空っぽになった皿をシンクへと置いてカバンを背負うと、老眼鏡をつけていたベン叔父さんが呼び止めてきた。


「ピーター!今日は台所のペンキ塗りだからな」

「わかってるよ、叔父さん」

「逃げるなよ?」


学校が終わったらまっすぐ帰ってくるよと伝えて、俺は家から出て大通りを通ってすぐに裏路地に入る。

そこで指先をじっと眺めた。指の腹にはびっしりと末端毛束が生えているのが見える。肉体にスパイダーマンの能力の兆候が現れていた。

俺は意を決して見上げる建物の壁へと飛び上がる。普段では考えられない跳躍。壁に手を貼り付けると、手は滑ることなくピタリと壁に吸い付いた。いや、くっ付いた。

片手を離してもう一手。さらにもう一手。壁を這うように登ってゆき、俺はついに実感した。


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析