ハーメルン
サムライミ版のピーターに憑依した男っ!!
第四話




ハイスクールを無断欠席した俺は混乱した様子のままのハリーを連れて人気の少ない裏路地へとやってくる。早朝のこの時間なのだからさすがに路地には強盗や浮浪者も潜んでいない。

あたりに人影がないのを入念に確認してから俺は服を腕まくりしてハリーに蜘蛛に噛まれた傷跡と、手首にできた糸の乳腺を見せて簡単に説明をした。


「コロンビア大学の研究室で?」

「うん……多分、蜘蛛に噛まれたんだ」


というか、それしかあり得ない。昨日の今日でこんな状態になったのだ。ハリーはまだ状況を飲み込めていない様子で信じられない顔で俺の顔と手首へ視線を彷徨わせていた。


「それでお前……メガネとか無くなってるし……フラッシュにあんな……」

「これは観察から得た推察だけど、僕の身体には……おそらく蜘蛛のような能力が備わってるんだ」

「そんな馬鹿げた話……」


あるわけないだろ?と言い終わる前に俺はハリーの目の前で飛び上がって、まるで某警備会社のCMに出てくる人類最強の霊長類がやっていたように壁に張り付いてハリーを見下ろした。それを見たハリーは口を開いたまま呆然として固まっている。


「ほらね?」


そのまま指先に意識を集中して壁から離れる。これが割と難しい。自在に壁に張り付く機能をオンオフできなければずっと体が粘着してしまうのだ。原作ピーターはこれにすぐ慣れていた様子だが、注意しなければ手に触れたあらゆるものが引っ付いて離れなくなるだろう。


「わぁお……ピーター……それって……」


しどろもどろとしているハリー。ちょうど直ぐ近くにあるゴミ箱の上に置かれた空き缶があった。俺は手首を構えて、ピーターが試行錯誤の後に導き出した指の形を再現。すると手首の乳腺から糸が飛び出して、そのままゴミ箱の上に置かれていた空き缶を捉えた。

噴き出すような音と共に離れた糸は空き缶に絡みつきそのまま壁に張り付いて固まった。

ハリーはそれを呆然と眺めてから、再び俺に視線を向ける。わざとらしく肩をすくめて答えた。


「もう少し、この力については分析する必要があるんだ。そしてどう言ったことに活用できるか、というのもね」

「……なら、オズコープのラボが最適ってわけだな?ピーター、お前が父さんの行動に難色を示す前に妥協案を出したのはこれが原因だな?」


ハリーもやっと納得したという風に頷く。一緒に開発した人工知能技術は確かに惜しいが、ピーター自身の体の変貌の対応の方が重要だと判断したのだろう。


「ハリー、このことは……」

「わかってるよ、俺とお前だけの秘密ってことにしておいてやるよ」

「ヒューッ!さすがハリー、わかってくれてる!」


思わずハグをしてしまい、ハリーはよせよと照れ臭そうに笑った。何はともあれ心強いパートナーができて一安心だ。まだ自分はスパイダーマンと名乗り始める前。ハリーにこのパワーを知らせることができたのは大きい。それにノーマンもまだ超人薬に手を出していない。このまま行けば、ノーマンがグリーンゴブリンになることはないし、ハリーとの関係が拗れることもないはずだ。

とりあえず今後のことや、人工知能技術の妥協案の詰めもあるため、今日は学校はバックれてオズコープのラボにでも行こうかとハリーと話しながら路地を出た時だ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析