ハーメルン
サムライミ版のピーターに憑依した男っ!!
第五話



どうも、新設されたラボでの研究が始まって半年経ったピーターです。

軍に売却されたAIは順調にデータバンクを更新し続けていて、その膨大なビッグデータのせいで、オズコープ社内で管理していたマザーユニットの容量がついにスペックオーバーを引き起こしました。エアコンガンガンに効かせてるはずなのに部屋に入ると「サハラ砂漠かな?」っていうくらいの暑さでハリーと一緒に溶けた顔をしてしまってたぜ。

その後、軍が購入したスパコン……IBM社のパチモンみたいな名前の企業の代物にデータを移して完全に軍が管理することになりました。

オズコープの利益としてはノーマンがマネーパワーで買った専用の衛星通信の使用料金があるのと、基礎であるマザーユニットの定期的なメンテナンスや、リース費用があるので手離れしても利益は見込めるのだが、開発した俺とハリーからすれば少し寂しいところもあった。

だがしかし、そんな感傷に浸っている場合ではない。今俺たち二人は空前絶後の忙しさを味わっていた。


「ピーター、そこの端子をとってくれないか?」


そう言って特徴的なルーペをつけている博士に、先に組んでおいた端子をそっと渡した。大きさにしてわずか数ミリ程度。腕時計の超小型部品のようなそれを、博士はピンセットを使って端子の上に置くと、熱伝導で融着させるコネクタに溶着させた。

一通りの作業が終わって、俺と博士は思いっきり息を吐き出した。とてつもない精密作業で、ぶっちゃけめちゃくちゃしんどい。けど、こうしないと今開発している機械は部屋に収まりきらないほど巨大化してしまう。

ビルワンフロアを余裕で食い潰す設計図を見たハリーが死ぬ気で頑張ってテーブルの上に乗るくらいまで小型化してくれなかったら今頃ラボのリフォームで終わっていただろう。当のハリーは疲労からかラボの隅に置いてあるソファで爆睡しております。


「これで第三工程は完了だな、ピーター」

「えぇ、オクタヴィアス博士。きっとうまくいきますよ」


そういうと優しそうな笑みを浮かべて汗を拭う博士。そう、オットー・オクタヴィアス博士。アルフレッド・モリーナで声が銀河万丈さんの方な!!そんな彼が我らのラボにいるのだ。ちなみにスパイダーマン2で4本の作業アームを操るメインヴィランとなる人物である。

なんで彼がまだ1の序盤にもいってない状況で俺ことピーター・パーカーと面識があるかというと話は長くなるが、俺が博士をラボにスカウトしたからだ。

ハリーと一緒に新型モジュールのプレゼンに行った帰り道で、行きつけとなったカフェでぐったりとカフェオレを煽っていたら斜め向かいに奥さんであるロージー・オクタヴィアスと一緒に座っていたのを見て思わず吹き出してしまった。

そこからは俺が猛烈アプローチ。オクタヴィアス博士の論文も読んでいたのもあるし、何より彼が着目する「トリチウム」という物質を使った新たなる核融合エネルギーが理由だ。彼が長年研究を続ける夢でもあり、ドクター・オクトパスというヴィランとなってしまう理由でもある。

すぐさまハリーにも紹介し話を聞くとなんでもトリチウムが高価すぎて実験が進んでおらず、スポンサーを探していると言ったのでハリーに無理を言ってオズコープのラボで共同研究を持ちかけたのだ。

だがオクタヴィアス博士、割とプライドが高い。最初は自分の研究は自分だけで完成させると言ってオズコープからの支援は求めたが共同研究はOKしなかった。それもそうだろう、彼が生涯をかけて研究してきた代物だ。俺やハリーが関われば研究成果を横取りされるのでは?という疑念もあるに違いない。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析