ハーメルン
サムライミ版のピーターに憑依した男っ!!
第七話



パシュっと、手首から放たれた糸がビルの壁に当たり、それを引っ張って飛び上がる。弾力と張力が働いた糸の反動で俺の体は人の体を遥かに凌ぐ高さまで一気に飛び上がり、ビルの屋上へ前受け身をしながら着地した。

流石にスイングをすると色々と厄介なことになるので、裏路地からビルの上あたり目がけて糸を放って思いっきり引っ張って飛び上がったピーター・パーカーです。件のオズコープのライバル企業、スペース・ロジック社の所有するビルの屋上からお送りいたします。


「ハリー、問題なく着いたよ」

《オーケーだ、ピーター。こちらも確認できている》


今の格好はスパイダーマンスーツ……ではなく、スポーツウェアだ。肌にピッタリ張り付くメッシュ製の黒タイツインナーの上に動きやすい膝下まであるサバイバルパンツ。上も同じくメッシュ製のピッタリインナーで上にベスト型の作業ウェア。その上から黒のカーゴジャケットと、どう見ても不審者な格好となっている。極め付けにツバの短い黒のプッシュハットに同じく暗色のスカーフをマスクのように身につけている。

帽子とマスクを除けば、スパイダーバースのマイルズみたいな格好だ。さて、なぜピーター・パーカーがそんな姿でスペース・ロジック社にいるかというと、簡単に言えば潜入調査のためだ。

ラボに帰還後、俺とハリーはネットの海に挙げられているスペース・ロジック社の情報をかき集めた。本来ならこういった処理はハリーと共に作ったウェンディにさせるつもりだったのだが、無いものを強請っても仕方ないので手分けして情報をサルベージしてゆく。

すると、出るわ出るわとスペース・ロジック社のスペース・スーツの情報。最初は脚部がロケット構造となっており、見た目は宇宙服の下半身にロケットがくっついたようなびっくりドッキリメカな姿をしていたのだが、最近になってアーマータイプへと進化し、アーマーに備わるスラスターユニットで飛行をおこなっている実験映像とネットには流出していた。

スペース・ロジック社は以前はオズコープとライバル関係であったが、ノーマンがAIを軍に売り込んだことから業績が低迷していたようだ。だが、数ヶ月前から一気にスペース・スーツの開発が飛躍し、初期型では考えられないアイデアが盛り込まれた代物となっている。噂では軍上層部が絡んでいるとも囁かれているが真相は闇の中だ。


「どう思う?ハリー」

「あくまで設計側の意見だけど、スペース・スーツの初期型の構成を見ると、このコンセプトでアーマー型に持っていくのは無理だ」


リアクターの開発で構造学や力学関係を猛勉強したハリーいわく、脚部のロケットが固形燃料式ならその点火や出力調整には膨大な演算ユニットが必要になるとのこと。それをいくら小型化してもハイスクールのボストンバックくらいのサイズにはなるのでアーマー型となればその演算ユニットがどうしても重りになってしまうようだ。

だが、スペース・ロジックが開発したアーマータイプは見る限り演算ユニットなど積んでいない。かなりスリムなモデルになっている。具体的に言えばMCUのハマー社のアイアンマンのパチモンみたいな感じ。制御ユニットはあるけれど、あの大きさではスラスターの制御などとてもじゃないが処理しきれないだろう。しかし、実験の流出映像ではそのアーマーは軽快に空を飛んでいるのだ。



[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析