ハーメルン
サムライミ版のピーターに憑依した男っ!!
小話




薄暗い部屋の中。アメリカのどこかの軍施設内に設けられた会議室にはテレビ電話による会議が行われていた。部屋の中央にあるテーブルに座るスローカム将軍は、彼を取り囲むように映っている映像を見回し、満足そうな笑みを浮かべていた。

そこにはAIである「ウルトロン」が搭載されたグライダーによるスペース・ロジック社の襲撃映像が記録されてきた。グライダーに取り付けられたガンカメラは、実験中だったスペース・スーツが完膚なきまでに破壊されている様がはっきりと記録されている。


「作戦はうまく行きましたな」


テレビ会議に出席するスーツ姿の初老の男性がそうつぶやく。彼はオズコープの役員の一人だ。他に出席している人物もオズコープ社の中枢に深く関わる者や、役員が多い。これは社長であるノーマンにも秘密で行われていた取引であった。


「スペース・ロジック社もバカな真似をしたものだ。オズコープが開発したものを土台にしているくせに、それに乗ってオズコープに優ったと豪語したのだから」


誰かがそう言って、残骸と化したスペース・スーツに消火剤をかけているスペース・ロジック社の人間を見下す。彼らは軍との秘密契約でプロジェクト・ウルトロンに参加していた企業の一つだ。主に戦場で自立AIに従って戦闘を行う無人アーマー兵器の開発を進めていたが、開発コンセプトを最適化するウルトロンの性能や、オズコープ社から流れたグライダーのエンジンシステムを手に入れたことで計画から外れた有人アーマーの開発に欲を出したのだ。将来的には欧州やロシア方面にも売り出そうという思惑もあったことがCIAの調査で明らかになったことで、軍は極秘にスペース・ロジック社の瓦解を行ったのだ。

資金面でも既に手を加えており、彼らは有人アーマーに投資した莫大な金を回収しきれずに人知れず自滅する運命が確定している。


「彼らの行った実績も、「プロジェクト・ウルトロン」にとっては非常に有益なものであった。まぁ、甘くみた分は痛い目を見てもらうことになるがね」


スローカム将軍は彼らを滅する前に入手したアーマーの設計図を眺めながらそう言った。動力源はオズコープからテスト的に支給されたリアクター。複雑な姿勢制御や動作指示、管理AIなどはすべてオズコープの軍施設が入るタワーの地下に設置されたウルトロンのマザーユニットから送信される。

ピーターとハリーが開発したAIは軍施設に送られたわけではなく、ニューヨーク市内に立つオズコープ本社の地下にあるのだ。軍施設に置かれているものはあくまで戦場や諜報部で採取されたデータバンクの容量の一部に過ぎない。

オズコープは軍と極秘に契約し、ウルトロンを完全無人兵器として運用するためのテストに協力していたのだ。


「独立型のAI機能、無人のボディアーマー、そして飛行するグライダーに無尽蔵のアークリアクター。まさにアメリカ合衆国にふさわしい夢の兵器だ」


これが完成すれば、これまでの戦争は大きく変貌する。兵士を戦場に送ることもなく、平和な街でコーヒーを楽しみながら、ウルトロンが世界中の前線で戦ってくれるのだから。


「オズコープ社とはこれからもよろしくお願いします」

「ああ、無論だとも……だが、少々厄介な者たちを追い出さねばならんな」



[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析