ハーメルン
ようこそ『Lを継ぐ者』のいる教室へ
正当なる後継者

 ――人は平等であるか否か。

 古来から人類が戦い続けてきた永遠の命題だ。
 社会という組織は、その構成員である人民に対し、ある程度の平等性を担保しなければならない。社会を維持するために人々の献身と帰属意識が必要不可欠であるからだ。
 完全で完璧な平等なんてあり得ない。一様にそう唾棄してしまえば、社会……もしくは人類の間に共同意識は成立しないだろう。
 それは文明社会の否定を意味する。

 しかし、事実として平等という概念は存在しえるのか。
 人間は性別も身長も体重も容姿も性格も声質も、何もかもが異なる。
 みんな違ってみんな良い。そんな高尚な多様性の尊重心を、全ての人間が共有することなど不可能だ。
 全ての人間が全ての人間に同様の評価を持つ訳がない。
 限りなく公正な世界にも、紛れもない格差は存在する。存在しなければ競争は生まれないし、競争しなければ持続が出来ない。競争なき世には衰退しか待っていないのである。

 であれば、真の『平等』の落とし処とはどこにあるのか。

 ワイミーズハウス始まって以来の、『二人目』の天才はこう答えた。
 
「アホらしい。思考の無駄だ」


 ◇◆◇


 ミズキ・リュウセイ。

 彼は中東の紛争地域で拾われた孤児だった。
 唯一覚えていたことは、日本人めいた自身の名前だけ。どうしてそんな場所にいたのか、両親とはどこで別れたのか、不自然に記憶が欠如していた。

 しかし……自分が何者かだなんて()()()()()()
 様々な孤児を転々とし、最終的にはイギリスのワイミーズハウスに流れた彼は、いつの間にやらもう十五歳。未だに自分の正体を知らず、知りたいとも思わなかった。

 唯一興味があることと言えば、今日の夕方のおやつに何を出されるか、ということくらいなものだ。


『面白い』


 モニター越しに、変成器を通したような歪な声が聞こえてきた。
 どうやらミズキにとっての家族に当たるらしい孤児の子供たちは、そのモニターに群がり、彼の一言一句に耳を傾けている。
 映し出されるのは『L』の文字。
 彼はここの子供たちにとって羨望の存在だった。
 しかし、ミズキは得に興味を示さない。

 自分の方が、会ったことも見たこともない彼――『L』よりも、頭脳明晰かつ質実剛健で容姿端麗な完璧超人であり、偉大な人間であると確信していたから。

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析