ハーメルン
【完結】サトリな僕とTSな君
僕と君①

 2週間前、僕は異能に目覚めた。理屈は知らない。けど、事実らしい。

 僕が目覚めた異能は、人の思考や感情を読むという、ありきたりなものだ。どれくらいありきたりかというと、この高校の偏差値くらい。

「以上が近年注目されている織田信長女性説の根拠だ」日本史の三上(みかみ)先生が、イマイチ納得できない授業を締めくくるべく、言った。「今日はここまで。まず間違いなく受験には出ないから覚えなくていいぞ」

 それならどうして丸々1コマをその解説に費やしたのか、とか、このクラスはほとんどが進学希望なのに酷くないか、とか言いたいことは幾つかあるけど、1番伝えたいのは、男子生徒の大半がエロい目で三上先生を見てて授業は全然聴いてなかったですよ、ということだ。
 言っておくけど、僕は違う。いや、授業を洒落てないBGMとみなして真剣に聴いてなかったのはそのとおりなんだけど、別に三上先生の女性ホルモン過多なボディラインに注目していたわけじゃない。

 僕の意識の向く先、つまりは、春夏秋冬(ひととせ)さんから彼女の心の声が僕の頭に飛び込んでくる。

(はー、やっぱ麻美(あさみ)ちゃんいい身体してるわ)

 麻美ちゃんとは、三上先生のことだ。
 春夏秋冬さんは女の子ではあるものの、男子に交ざって三上先生を視姦する強者(つわもの)でもある。
 ただし、美少女だ。どれくらい美少女かというと、この高校の偏差値とは比べものにならないくらい。具体的には、日本を代表するアイドルのボスが裸足で逃げ出すくらい。

「避妊はしろよ」という言葉を残し、三上先生は去っていった。

(余計なお世話だ!)

 春夏秋冬さんが内心でツッコミを入れている。哀切を感じさせる、風情あるツッコミだ。
 春夏秋冬さんの表情が少しだけ陰る。

(……次は体育か。やだなぁ)

 それは僕も同感だ。移動と着替えが面倒くさい。

(……なんで俺だったんだろうなぁ)

 物憂げな面持ちが実に様になっている。






 僕が春夏秋冬(ひととせ)さんに興味を持ったのは、お人形さんみたいで人間離れしているにもかかわらず、下手な美容整形のような不自然さのない美しい容姿に惹かれたからではない。
 春夏秋冬さん曰く、曰くと言っても頭の中を勝手に覗いただけだけど、とにかく彼女は自分のことを元男だと信じている。1年生と2年生の間の春休みに、神様を名乗る大きな(はえ)に女の子にされたらしい。周りの人間の認識も改竄(かいざん)されていて、誰も彼女が元々は男だったと気づけない。

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析