ハーメルン
真剣で居合ってカッコいい! 
四話 東西交流戦 開幕


 抱き止めていた彼を丁重に下ろし、重い腰を上げる。
 刃の目には、かつて一度も宿った事ない戦意が迸っていた。

[9]前 [1]後書き 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:4/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析