ハーメルン
真剣で居合ってカッコいい! 
五話 最も強き者

 


 東西交流戦、三回戦目が開幕してから30分程たった頃。川神学園が本陣を構える場所にて、一人の少女が暇を弄んでいた。

「んー久しぶりに思いっきり戦えたのはスッキリしたけど、こうも待ち時間が長いとなぁ」

 長く艶やかな黒髪、スラリと伸びた手足に豊満な体つきで、既に女性としての魅力を兼ね備えている、非常に整った容姿をしている彼女こそが、“武神”として先程天神館を蹂躙した川神百代、本人である。

 天神館の生徒達を蹴散らした現在。川神学園の生徒達は、生き残りの残敵掃討の為に、百代と数人の非戦闘員の生徒以外全員が出払っている。今回の三年生の部での戦いは、皆の同意があった事とはいえ百代一人に全て手柄を持っていかれたようなモノ。残った敵の殲滅くらいは、と張り切って出陣していった。

 しかしそうして出ていってから30分も経つものの、大将を討ち取ったと言う勝ち鬨の声は上がってこない。確かに、天神館側の戦力は600人以上の大群だ。天神合体による密集によって、百代に一網打尽にされたとは言え、その数はかなりのもの。しかも戦場となっているのは夜の工場地帯と、お世辞にも見通しの良い場所とは言えない。索敵には手間取ることになっているだろう。
 だが川神百代という少女は、元来そこまで気の長い質ではない。現状は大技を放てた満足感から大人しくしているが、あまり長く待たせ続けると、倒れている天神館の一人一人にトドメを刺して回るかもしれない程である。

 そんな焦ったそうにしている百代に、非戦闘員でありながら東西交流戦に参加した一人の男子生徒が、諌めるように言葉をかけた。
 
「落ち着け川神。少しは矢場達にも出番をやらなければ、不公平というものだろう」

「相変わらず京極は硬いなぁ。もう少しハメを外しても良いと思うぞ」

 同級生でありながら、自分とは違い大人の雰囲気を醸し出すその青年に、百代は辟易とした態度をとる。

 その青年の名は『京極(きょうごく)彦一(ひこいち)』川神学園の三年生で、言霊部という部活の主将を担っている。彼の服装は皆が制服の中ただ一人の着物であり、その眉目秀麗な顔立ちもあって、百代に負けず劣らずの存在感を放っていた。

「あーあ、暇だなぁ。こんな事ならあっさり倒すんじゃなくて、もっと楽しんでからブッ飛ばすんだった」

「ふむ。お前には珍しく、初手から大技で決めにいったかと思えばこれか……」

 京極は、まるで幼児のように駄々をこねる百代に、呆れたような目をむける。
 百代には、悪癖と言うべき戦い方の癖があった。それは最初から全力を出さず、スローペースで戦いのギアを上げていくと言うものである。この悪癖は、絶対的な力を持って生まれてきたことと、戦闘狂である自身の性格も相まって生まれたものだ。
 これに関しては、周りから是正するように促される事もあるが、改善の兆しが見える様子はない。

「──ん?」

 それに最初に気づいたのは、地面に座り込んで暇だ暇だ、と騒いでいた百代だった。

 川神学園が陣地を敷く場所は、工場地帯の中でも建物が無く広々とした空間だ。その真正面。障害物がなく、まっすぐな道が続く場所を一人の男が歩いてきている。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析