ハーメルン
真剣で居合ってカッコいい! 
七話 川神学園での初日




 川神学園には、各学年ごとに7つのクラスが存在する。A、B、C、D、E、F、そしてS。
 このクラス分けは、AからEまでは特に関連性はなくランダムに振り分けられる。だが、残りの二つは少々異なる。
 Fクラスに関しては、学校側は明言こそしていないが少々問題のある生徒が組み分けされることが多々あり、2ーFに関しては問題児の溜まり場とまで揶揄されるほどに癖の多い生徒が多く在籍している。
 次にSクラスだが、これはいわゆる特進クラスと言われるもので、学年ごとの成績上位者50名までが在籍を許されるエリートなクラスだ。
 それ故かSクラスの生徒達はプライドが高く、他者を見下す傾向がある。その対象は大体が問題児集団のFクラスだったりするわけで、この二つのクラスは事あるごとに対立している。全員がそうと言うわけでは無いが、特に今年のニ年生は過去に類を見ないほどに険悪な仲なのだ。
 
 そしてそんな川神学園に短期留学する事になった刃はと言うと、なんとエリートな特進クラス、Sクラスに籍を置くことになっていた。
 彼をただの武術オタクのように思っている天神館の生徒は数多くいるが、実の所刃の成績は学年トップ10に毎回入っているほどに頭が良い。
 その事を不思議に思った同級生は、刃に勉強のコツなどを聞いた際に、彼はこう答えた。

 覚えようと思って授業を聞いて、二、三回復習すれば大抵の事は覚えられるだろ?と。
 
 それを聞いた同級生の顔は、心底ガッカリしていたそうな。

 だが、別に勉強ができると言うだけで刃がSクラスに入る理由にはならない。成績上位50名でなければ除籍されると言うだけで、別にその50名全員がSクラスと言うわけでは無いのだから。
 では何故刃がわざわざ闘争心溢れる面倒なSクラスなぞに入ったかと言うと、それは彼がこの川神学園に編入してきた目的である、過去の偉人のクローンが在籍しているからに他ならなかった。

 その三年Sクラスの教室に、刃はいた。教室の1番後ろに用意された留学者用の席に座り、心底面倒そうに目の前の相手と話をしている。
 その相手は三年Fクラスの問題児、川神百代だった。

「なぁ、本当にダメか?」

「本当にダメだよ川神さん。ボクに戦う気はない」

 百代は前の席の椅子に勝手に座り、後ろの席の刃に再戦の申し込みをしていたが、その返事は全く色良い物では無い。

「いやでもさぁお前、痛いのが嫌だからって理由……恥ずかしくない?」

「うーん……いや全然」

「あっそう……」

 この話も、初日にして既に四度目。朝の全校集会の時に加え、授業の合間にある休み時間の度にこうしてSクラスに百代は顔を出していた。
 3時間目の休み時間である今も、何とかして刃を戦わせようと四苦八苦している。
 だがそれも既にネタが尽きかけており、刃の戦わない理由、痛いのが嫌などと言う子供じみた言い訳を引っ張り出してみたものの、やはりと言うべきか、刃にそれを恥ずかしがる様子は見られない。

 痛いから戦わないと言う理由は、別に昨日今日言い出したことでは無い。幼少の頃から鍋島に対して、事あるごとに言ってきたのだから、今更それを恥ずかしいとか、カッコ悪いなどとは思わないのだ。

「誰だって怪我するのは嫌でしょ。ボクが言ってることって、そんなに変かな?」

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析