ハーメルン
魔法科高校の蛇
九校戦に向けて

 西暦二○九五年、七月中旬。

 国立魔法大学付属第一高校では先週、一学期の定期試験が終わった。それ以来、生徒たちの熱気は一気に夏の九校戦準備に向かっている。

 九校戦の正式名称は全国魔法科高校親善魔法競技大会なのだが、まず長すぎる。そこで、参加するのが日本国内で正規課程として魔法教育を行っている九校であることから、専ら九校戦という名の方で呼ばれることが多い。

 日本国内の十五歳男女内、実用レベルの魔法力を持つ者の合計人数は、毎年千二百から千五百名程度。

 魔法科高校各校の一学年当たり定員は、九校合わせて千二百名。

 魔法の才能を持つ少年少女で魔法師・魔工師になろうとする者は、ほぼ百パーセント九校のどこかに入学する。

 つまり、九校戦は同年代の魔法師たちの魔法の実力の頂点を争うものであり、毎年、政府関係者、魔法関係者のみならず、一般企業や海外からも大勢の観客と研究者とスカウトを集める魔法科高校生たちの晴れ舞台となっている。それゆえ通常の高校生であれば、自分は九校戦に参加できるのか、また参加した場合にどの程度まで勝負できるのかというのは重大な関心事だ。

 もっとも市丸は通常の高校生ではないので、それには当てはまらないのだが。

 そして、理由は違うが九校戦の熱気に乗ることができない人物がもう一人。それは入学直後に発生したブランシュの事件で活躍した司波達也だ。達也は定期試験の結果に絡んで教師から呼び出しを受けていたのだ。

「要約すると、実技試験で手を抜いているんじゃないか、と疑われていたようだな」

 指導室から戻ってきた達也はそう言って苦笑する。

 第一高校では試験の上位二十名の氏名が公表される。それゆえ、市丸も達也の理論の成績は把握している。

 達也は理論の成績で二位の司波深雪以下を平均点で十点以上引き離した、圧倒的な一位となる得点を叩き出していた。ちなみに達也以外にも、三位に吉田幹比古という名のE組の二科生、他に十七位に柴田美月、二十位に千葉エリカとE組から四人もの成績上位者がいる。これは、実技で感覚が掴めなければ、理論も十分に理解できないといわれる現代魔法では、かなり異質な状況らしい。

 他に顔なじみでは理論の四位が光井ほのか、十位に北山雫がいる。そして、市丸は十九位というぎりぎり公表範囲という状態だった。それが響いて実技では一位であったにもかかわらず理論・実技の総合点では二位となった。市丸を抑えての総合一位は理論と実技がともに二位の深雪で、三位が光井、四位が北山、五位が森崎となっている。

 市丸の場合は魔法の感覚が純粋な魔法によるものでなく、死神の鬼道が混じっていることにより、それに引っ張られて理論の理解に狂いが発生している。それを埋めるのは容易なことではないので、総合一位はなかなか難しそうだ。

「それで、疑いは晴れたん?」

「ああ、まあ、一応ね」

「一応?」

 短い疑問の声を発したのは柴田だ。

「手抜きじゃないと理解はしてもらえたよ。その代わり、転校を勧められたが」

「そんな、何故ですっ?」

 光井が叫び、柴田も血相を変えた。他の北山、千葉、レオの三人も意外感を隠せていない。ちなみに深雪は生徒会役員として九校戦の準備のため、ここにはいない。

「そういえば、ここにおる中で、レオだけは成績上位者の中に名前がなかった気がするんやけど、どうやったん?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析