ハーメルン
だからアタシは鬼じゃねぇっつってんだろうが!?
アタシの生き方、アタシの生き様。


 だから、

「ま、そういうわけで、だ――」
「残念、ふられちゃったわね……」










「――外部協力者って形なら、手を貸してやれるぜ?」

 コイツらとしっかりと足並みを揃えるのは、最後の最後だけだ。

「……えっ?」

 アタシの言葉を聞いて呆けるカナエを見て、思わず盛大に笑ってしまった。



 ……別にさっきからかわれた仕返しじゃねぇぞ?

[9]前 [1]後書き 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:7/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析