ハーメルン
未完の神話 / Beyond the Ruminant
03



 目が醒めた。

「はぁっ……はあっ、はあっ……」

 自身の喘鳴が、鼓動が、やけにうるさく感じられる。それは、世界が静寂に包まれているからであった。
 ネプテューヌは、祈るような思いで自分の手のひらを目の前に掲げる。しばらく待つと、ノイズが走ったかのように輪郭がブレた。背中が汗でじっとりと濡れる感覚がする。
 アレが夢でも幻でもない事は、最早明らかだった。理由は分からないが、戻ってきている。世界が崩壊する、その直前に。
 今でも耳の奥で生々しく響く轟音が、目の裏に焼き付いた崩落が、夢幻の類だとはとても思えなかった。予知の類でもないだろう。あれは、確かに現実だったのだ。
 時計を見る。こんな時でも律儀に時を刻むその針は、七時と十九分を指している。まだ、崩壊までには時間があるはずだ。
 他の女神に連絡を取ろうかと考えて、すぐにやめた。それでは、先程と同じ末路を辿るだけだ。もう、二度も自分の体が潰れる感覚を経験した。三度目は無い方がいいに決まっている。
 ネプテューヌは起き上がると、軽く跳ねて体の調子を確認した。頭はふらつくし、体は怠い。本来国中から供給されるはずのシェアが失われているためだろう。しかし、全く動けない程ではなかった。短時間であれば、女神化もできるはずだ。
 武器を取り出し、振ってみる。いつもより重く感じられる以外、特に異常はない。

「これなら——」
「お姉ちゃん!」

 呟き掛けたところに被せるようにして、叫び声が聞こえた。直後、部屋の扉が開く。
 視線を向ける。いかにも寝起きですといった様相のネプギアが、焦り顔を携えて立っていた。

「大変だよ! みんな、いなくなっちゃった!」

 その言葉に既視感を覚え、ネプテューヌは首を傾げる。そうだ、同じなのだ。一度目、自分とイストワールに向けてネプギアが放った言葉と。
 もしや、とネプテューヌは目を見開く。

「ネプギアは、覚えて、ないの?」
「覚えてって……何、を?」

 それが、明確な答えであった。
 思い出す。電話越しのノワールもまた、あの大地の波を知らない様子であった。一度経験したのなら、忘れられる物ではないだろうに。
 それは、つまり。

「私だけ……なの?」

 覚えているのは、ネプテューヌだけ。
 どうやら、そういう事らしい。

「お姉ちゃん? 何が起きたか、知ってるの?」
「ううん。分かんない。でも、これから何が起きるかは知ってるよ」

 ネプテューヌは、手にした剣をぎゅっと握り締めた。

「私は、この国を守らないと。だから、行かなくちゃ」
「なら、私も行くよ!」

 まだ事態を飲み込めてもいないだろうに、健気にもそう言い放ったネプギアを、ネプテューヌはそっと押し留める。

「ううん。ネプギアは、いーすんの事を守ってあげて」
「でも……」
「大丈夫。私は、守護女神なんだから」

 ブランの言葉を思い出す。『私は、私の国を守る……。それが守護女神としての、義務だ』。確か、そう言っていた。
 国に災厄が齎されるのであれば、それを消し去る事こそ守護女神としての義務である。ネプテューヌもまた、ブランと同じなのだ。国が崩壊するのであれば、そうならないように戦わねばならない。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析