ハーメルン
自分の事を主人公だと信じてやまない踏み台が、主人公を踏み台だと勘違いして、優勝してしまうお話です
14話 勘違いフェイ

 薄暗い牢のような部屋。僅かな星の明かりだけがその部屋を照らす。そこに、一人の少女と思われる子が椅子に座っていた。小さく、黒髪に赤い眼。

「それで、俺に何の用なのですか? 任務から帰ってきたばかりなのですが」

 そんな少女の前に一人の男性が立っていた。赤い髪、赤い眼、鋭い眼光は見る人によっては恐怖となりえるだろう。

「あぁ、別に大したことじゃねぇ。新たな任務をお前にやるよ、サジント」
「……大した事のように思うのですが」
「うるせぇな。お前は俺の駒だろうが。バリバリ働いてろ」
「はぁ」


 年齢的にはサジントと言われた青年の方が明らかに年が上であるにもかかわらず、少女の方が偉そうに暴言を吐く。それを彼はいつものこととして割り切っているようだ。

「それで、何をすればよいのですか?」
「なに、簡単な教師の仕事だ」
「教師ですか」
「あぁ、先日仮入団が行われた聖騎士モドキ、そのとある部隊の初めての任務にお前が同行し、その後も監視をする。それだけだ」
「……はぁ。なぜ、監視を」
「まぁ、取りあえずこれ見ろ」


そう言って少女は袋の入った書類を無造作に投げる。その中にはとある特別部隊の聖騎士たちの名が。

「アーサー……確かに何かありそうではありますが」
「そいつ、ここに来る前の経歴が一切わかんねぇ。どこで何をしていたのか、しかも、それなりに戦える。こんな化け物がどこに隠れてたのか謎だ」
「冒険者とかでは」
「それもあるが、もっと前だ。生後から十数年、そいつを知る者が誰も居ない。剣術の才能、加えて、光の星元? 馬鹿か、原初の英雄、アーサーとまるっきり同じじゃねぇか。そいつはぜってぇ何かある。監視して報告しろ。そいつがお前の最大にして最も優先すべき任務だ」
「……了解しました。そして、トゥルーと言う少年も監視対象ですか?」
「あぁ、そいつ、あの災厄の村の出身だ」
「……なるほど」
「それに加えて、全属性適正(オールマスター)だとよ。いやだね、天才って言うのは。とりまそいつも監視対象だ」
「それだけで?」
「あ? 文句あんのか? 俺の決定に」
「……いえ」
「まぁ、勘だけどよ。そいつは」
「そうですか」


はぁと、ため息を溢すように吐き捨てる。サジントと言う青年。こういった横暴には慣れているのかもしれない。

彼は資料に目を通していく。そうすると、もう一人の少年の資料に気づいた

「そして、フェイ……と言う少年ですか。今年で15……無属性だけ。特別部隊に入団したが……そんなに」
「馬鹿、重要なのはその後だ。二枚目の資料を見ろ」
「……」
「一枚目、それは普通の表向きのそいつの評価だ。だが、先日のガレスティーアの馬鹿の件は聞いてるな?」
「はい。色々と騒ぎ立てている者が居るらしいですが」
「それ、黙らせたのほぼそいつだ」
「……腹切り、ですか」
「馬鹿だろ。そいつ? ただの剣の指南役の為に命を張ってんだ。表向きはとある聖騎士って言われてるが、情報によればわざわざランスロットの馬鹿に直談判をしたらしい」
「誇り高い、騎士に思えますが」
「俺がそいつを妙だと思っている理由はいくつかある。一つは、成長速度だ」

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析