ハーメルン
自分の事を主人公だと信じてやまない踏み台が、主人公を踏み台だと勘違いして、優勝してしまうお話です
14話 勘違いフェイ


あそこでさ、実は滅茶苦茶アーサー位強いとダメなんだよ。いや、本当に良い感じの小者だったなぁ。今後もああいうの期待。俺の見せ場を作る小者は嫌いじゃない。クズだとは思うが。


普通に女の子に絡むのはクズ、これは変わらない。


そして、俺はクールに去るぜ。クール系主人公なんで、助かった子に一々声はかけないのだー。


クール系主人公は背中で語るんだぜ。


さてさて、師匠との食事に向かいますかねー。あ、やばい、不良から救って、ちょっとカッコいい背中を見せたくて、ゆっくり歩いてたら遅刻だ!!!

[9]前 [1]後書き 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:6/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析