ハーメルン
Maw-06 HEXA ごく有り触れた世界の終末と機械人形
自由 へ の フリ ー フ ライ ト

と ある 富豪 の 一 人 娘 、 高 月 美鈴 は 昔 、 父 親 を 愛し て いた が … 在 る 時 を 堺 に 父 は 自分 の 事 を 如何 思っ た の か が 分 か ら て し まっ た 、
東 縛 、
そう 言え る 位 溺愛 を 超え た 行為 が っ た 。
HR が 終わ っ た 直後 の 事 で あっ た 、
クラ ス の 友達 か らち 『 ア ヤ カ シ ギ ア 』 の 話 が 在 っ た 、 彼女 も 名 前 程度 し か 知ら ちな い 。
だ が その 子 が 美鈴 の 悩み を 知っ た の か 知ら ちら ない の か こう 言っ た 、 の 「 な ち そ の 内 何と か 見 つけ て 見 せる か ら 」
と 言っ た 、 その 日 の 店 。
灯り を 消し た 自分 の 部 屋 に て 、
何処 か で 父 の 視線 を 感じ た 、
彼女 は ふと 想っ た 、
島 の 様 に 自由 に 為 り た い 。
季節 の 移ろい に 変わ る 雲 、
日 が 揚 が り 沈み 色 の 変わ る 空 、
日 に よっ て 色んな 形 を 見 せる 月 、 満天 の 星空 、 島 は そん な 空 を 飛び 続け る 。 彼女 が 昔 、 鳥 が 好き な の は そん な 一 因 が 在 っ た の だ ろう 、 翌日 、 高校 の 放課後 に て 。 クラ ス の 友達 が 突然 、 美 鈴 の 手 を 掴ん で 強引 に 女子 トイ レ に 連れ 込ま れ た 、 トイ レ の 個室 に て 、 「 一 寸 、 如何 し た の よ 9 行 き 成り ?」 「 昨 日 、 知 ちら な い 小 父さん か ら 貰 っ て 来 た よ 、 ほ ら ]」 そう 言う と 見 た 事 無い モノ を 渡さ れ た 、 「… こ れ は ?」 「 そ う 、 噂 の アヤ カシギ ア 」 和 括 背 で そう 言っ た 。 駒 き と 戸 感 い が 混ざっ た 表情 を し た 美鈴 に 対し 、 「 使 い 方 は ね 肌 に 面 す る 所 に 付け て 押す と 起動 する よ 」 何処 を ? と 言う 突っ 込み は さて 置き 。 そ ん な 危険 か 如何 か 分 か ら な い モ ノ を 芝 っ て 長い の か 如何 か だ が 、『 鳥 の 様 に 自由 に 飛び た い 』 そん な 願い が 叶え られ る 、 と そう 想っ た の か 。 「 有 難 う 」 と 言っ て 貰っ た 、
アヤ カシ ギア を 鞄 に し まっ て 帰宅 する 事 に し た 、
校門 の 近く に は 迎え の 車 が 居 た 、 何 時 も の 事 だ 。
その 車 に 乗り 何時 も な が ら に 帰宅 、
昨日 まで と 変わ らち な い 時 間 、
昨日 まで と 変わ らち な い 夕 飯 、 ai 間 還 だ が 違う 吾 が ー つ だ け 在 っ た 。
日 が 変わ る 午前 零 時 遇 は 2
高 月 美鈴 は 自分 の 右 陸 に アヤ カシ ギア を 付け て 触れ た 。 キア の 名 前 通り 歯 還 の 真ん中 辺り が 目 の 様 に 開き 黒い 液体 が 流れ た 、 県 い 液体 身体 全身 を 竹 っ た 後 、 基 わが 消え た 明 間 、 鳥 の アヤ カシ に 変 狐 し た 、 「 ス ゴ い 、 コ レ が ワタ シ な の ?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析