ハーメルン
Maw-06 HEXA ごく有り触れた世界の終末と機械人形
〜忘れ去られた昔のパスト〜

昔 の 事 、

小学 6 年 生 の アマ チエイダ は その 日 は 急 な 仕事 の 用 事 で これ 無かっ た 母 を 除 く 父 と 弟の3人 で 車 に 乗っ て 旅行 に 出かけ た 。
楽し い 筈 の 旅行 、
だ が 信号 無視 し た 大 型 ト ラッ ク に 轢 か れ て 惨劇 が 起き た 。
この 当時 の トラ ッ ク 運 転 手 は 無理 な 長 距 離 走行 か ら 来 た 居 眠り 運転 、
この 事 故 で 父 と 弟 は 死亡 、 エ イダ は 重傷 を 負っ た も の の 命 に 別 条 は 無かっ た 、 だ が この 事故 で 植物 人 間 と 化し た 、
当時 、 エ イダ の 親友 の 少女 達 は 在 る 提案 が 在 っ た 、 其 れ は 。
と ある 古本 屋 で 見 つけ た 本 に は こ う 書 か れ て いた 、
『 悪 魔 に 命 を 対価 し て 払う 事 で 願い を 叶え る モノ 』
少女 達 は 困惑 し た 、
誰が その 犠牲 に 為 る の か 。
困惑 し た 上 げ く その 一 人 が 自ら の 命 を 差し 出し て 願い を 言っ た 、
その 後 、 カ レ ハ コ ノエ が 死亡 し た 死因 は 不明 、
その 直後 エイ ダ が 奇跡 的 な 回 復 を し た の は 同時 だ っ た 。
現在 、
魔  界 の モノ の 一 人 刈 吋はは 此処 へ 来 て 直ぐ に 架羅 の 元 へ 向かっ た 、
目的 は この セカ イ の 事 を 知る 事 と 、 自 分 遂 の 敵 を 知る 為 に 。
「 こ ん な お さ 苦 し い 所 に 居る と は な 加 羅 ?」
「 い えい え 此 処 で 最も 怪し まれ な い 方 法 が 之 に 御座 いま す 」 「 其 れ で 奥 等 の 英 は ?」
「 は っ … 如 何 も ロ ボッ ト の それ の 様 で 」
「 ロ ボッ ト ? 礁 か ロボ ッ ト は 架空 の 存在 じゃ ?」
「 い え … 如 何やら 何 時 の 間 に か 存在 し て 居る 様 で 、 何 機 か 撃破 出来 た の で - が 」
「 ふ 〜 ん 」
二 人 の 近く に 置い て 在 っ た 水晶 玉 に 映し だ され た 幻影 像 に は アヤ カシ と 其 を 攻撃 する ロボ ッ ト が 映し 出さ れ た 、
が 刈吋は 一 人 の 少女 を 見 て ふと 何 か を 思い 出し た 。
「… こ の 子 は 」
「… 如 何 し ま し た ?」
「 一 本 忘れ 物 を 取り に 行っ て 来る 、 ア レ な ら こ の 子 を 確実 に 黙 ら せる 事 が 出 来る 」
「 そ う で すか 、 気 を 付け て 」
「 う む 」
数 日 後 、
刈  吋は と ある 一 枚 の 紙 を 手 に し た 、 内 容 は 不明 、
文字 が 解読 出来 な い の だ 。
だ が 彼 は この 内 容 を 知っ て いる 、
そし て その 内 容 に に 意味 が 在 っ た 、 当 然 相当 大 事 に 保管 する 必要 が 在 っ た 。 刈 吋 の 視界 に エイ ダ を 見 つけ る と 、 気 を 放 た せ た 。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析