ハーメルン
斬屋顛末(きりやてんまつ)

 因果な世でござンすなァ、お客人。あんたさんみてェなお若い方でも、斬って捨てたい輩があるなんざ。ま、お上がンなさいやし。何分やもめの侘び住まい、お構いもできやせンがね。出涸らしでよけりゃ茶など……あ、結構と。

さてと。若旦那、斬屋(きりや)へのご用向き、詳しいとこ――ああ、これはご無礼。てっきり、どこぞ大店(おおだな)の脛っかじりかと。お武家の長男坊とはねェ。それにしちゃ生っ白いが。いやさ、色の白いは七難隠すと申しまして、結構なことで。腰の刀が目に入らなかったかと? あんまり自然に差してらしたもんでね、むしろ目に留まりませんで。ええ、鰻に串でも刺したる如くお似合いでござンして。それよっかァ聞きやしょう、どこのどなたさんを斬りゃァいいンで? 
 何、どんな奴でも斬れるか、と? 自慢じゃァねェがこの桐谷(きりや)平九郎、剣術(やっとう)で遅れ取ったること無し……と、ぬかす輩を一二三四五六七(ひふみよいむな)(ここの)つ飛ばして八、十(やっ、とう)ほどは、ざっくと斬って捨てたもんで。斬れぬものなしの斬屋たァ、あっしのことでさ。

 やけにもじもじとなさる……ははァ、何ぞ後ろ暗いことがおありで。何、お気にかけるこたァありますまい。しょせん、人が人に人斬らせるなど、人の道に外れたること。それは外道の底も底、そこより後ろはそこになく、そこより暗きもそこになし。後ろ暗さは遠慮なし、いっそ、ずかりと言いなさいやし。
 ただし、いずれでございやしょうと。外道のせめてものけじめ、誰を何故(なにゆえ)斬るのかは、言ってもらうが斬屋の決め事。さ、なんぞ恨みのある輩で? 出世仇、恋仇? ははぁ、袖にされた腹いせに女をとでも? それとも――

 って、ちょっと。いきなり奥に上がられても困るンですがな。え? ああ左様で、そこに掛けてるのがあっしの商売道具でさ。ああ、刀がお好きなんでござンすか、さすがお武家で。
お目汚しですが抜いて見せますか、そら。商売に使い込んでも刃こぼれなし、折れず曲がらずよく斬れる。銘? ありゃァしやせん、相模(さがみ)の物とは聞いてますがね。刃紋は飾り気なし、筆でさッと引いたような直刃(すぐは)の紋。他にも刀があるにはあるが、これが気に入りでございやして。

何です? ……だから何です、その勝ち誇った目は。あ? お客人の刀を見てみよと? 

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析