ハーメルン
仮題【魔術なし 身体能力マシマシ慎二くん】
3話

翌朝。
朝食のトーストとコーヒーをいただきながら、思考する。
結局あの紫髪の女性はいったい何だったのだろうか。
幽霊だったのか、なんだったのか。
もしかして...英霊?
…ふと時計を確認してみると、
登校するにはちょうどいい時間だった。
桜は朝練でもう出かけているので、
ジジイ以外誰もいない屋敷に、一言。

「いってきます」

返答はなかった。

...
.....
.......

あれから十数時間
途中で柳桐と遠坂の愚痴を話したりしたが特に変哲もなく、
いつもの学校生活と言えるだろう。
現在は古文の課題を終わらせ、柳桐から借りた参考書を
返すために柳桐寺に来ている。
とはいっても、柳桐にすぐに渡すことができたのでとっとと帰るところである。

「じゃあ、帰るわ。悪いね、こんな遅くに」

「まったくだ。アポがあったといえ、夜分に来るとは。なにかあったらどうするんだ」

「なに?心配してくれてんの?...まあ僕なら大丈夫でしょ」

「確かにそうだな」

「...それじゃ」

「応。あまり道草を食わないようにな」

「親かよ、お前は」

寺の門まで足を進め、屋敷まで帰ろうとしたとき、
ゾワっとするような悪寒と嫌な匂いを感じる。
場所は...

「ここか」

場所に近づくに際して、匂いの正体に予想がついた。
血だ。
警戒を強め、ゆっくりと足を進める。
匂いをたどると、一つの小さな小屋らしき場所に着いた。
ここの中でいったい何が起こっているのだろうか。
木材などの隙間から中の様子をうかがう。

「...!?」

血まみれの男性。
それを前にしてたじろぐ魔術師のような見た目の女。
前方にいる黒いボロ衣を羽織った何か。
何かは血まみれの男性を足蹴にし、契約の解除を訴える。
契約をしているということはなにかはサーヴァント。
向こうの女性は魔術師ということになる。

っと女性が短剣のようなものを取り出し、胸に突き刺した。
女性の手にあった令呪が消える。
令呪を消すなんて...どういう魔術礼装だ?
もともと令呪のシステムは間桐の人間が開発、導入したものだ。
御三家の人間ですらどうにかする方法をしらないと前にジジイが語っていた
それを消すということはよほど高名な...
まて、女性がサーヴァントじゃないと誰が決めた?
サーヴァントがサーヴァントを使役してはならないというルールはない。
したがって一応ありではある。
さきほど、女性の口からアサシンという言葉が聞こえた。
ということはボロ衣がアサシン。女性がキャスター。
そして倒れている男性がキャスターのマスター、
ということになる。

...要は聖杯戦争での殺し合いの場に出くわした
ということだ。
殺し合いに参加した以上は殺されても仕方がない
悪いがここは帰らせてもらおう。

そろりと門の方向に足を向けたとき、
視界の隅に襲われそうになるキャスターがうつった。
その瞬間、僕の体は動いてしまっていた。
どうして?
僕自身の思考に追いつかない。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析