ハーメルン
癖馬息子畜生ダービー =遥かなるうまぴょいを目指して=
キーボードをターン!




 うまぴょいとは何か。
 哲学である。
 ヒトは何かに迷った時、インターネットの大海に身を沈め、物思いに耽るものだ。
 私はさらに海の底の方へと意識を向ける。

「うまぴょいってなんだ? よし! ……と」

 キーボードをターン!


【急募】うまぴょいってなんだ?【有識者】

1:名無しのただ娘
うまぴょいってなんだ?
有識者のヒト畜生共、おしえろください




 待っている間に小腹が空いたのでベッドの下からカップ麺を取り出してくる。

 カップ麺は神である。
 カップ麺いず神。

 りんご?
 りんごはすでに旧世界の神である。

 文明の利器を得た今は、化学調味料の方が美味い。
 りんごに釣られてヒト畜生の言う事を聞いていた頃とは違うのだ。
 今の私は自由。
 そう、自由戦士である。

 カップ麺にお湯を注ぎ3分。
 だが、私はあえて残り20秒を残して蓋を開ける。
 それがベストな時間である。
 ベストな硬さ、それが2分半と10秒なのだ。

 麺を啜りながら、先程のスレに更新を入れる。
 さっそく書き込みが行われていた。



2:名無しのただ娘
そりゃアレよ
うまぴょい(意味深)だよ

3:名無しのただ娘
考えるな感じろ

4:名無しのただ娘
男女が温泉行ったら。こいつらうまぴょいしたんだって思う

5:名無しのただ娘
うーーうまだっち!

6:名無しのただ娘
うまだっちってなんだ?

7:名無しのただ娘
躊躇わない事さ

8:名無しのただ娘
ヒト畜生みたいな差別的な表現ダメだと思います

9:名無しのただ娘
トレーナーの事をヒト畜生とか呼ぶウマ娘は真面目にレース走れ

10:名無しのただ娘
それなゲートは練習しろ

11:名無しのただ娘
うまぴょいはうまぴょいだろ




「なるほど、わからん」

 話が脱線しすぎである。
 私に文句があるのなら、面と向かって言えば蹴り飛ばしてやるのに。
 所詮はヒト畜生、言葉がわかるようになってもその生態系は未だ理解し難い。

 しかし、全くの無意味ではない。
 考えるな感じろと言うのは答えに近い気がする。

 うまぴょい。
 かつて、私の脳裏に浮かんだ言葉。

 昔の記憶はふんわりしてて思い出せない部分も多い。
 鮮烈な印象程、長く覚えていると言うがそれだろう。

 焼きつくような感覚。
 あのレースの瞬間。
 私は確かにうまぴょいをこの身に感じた。

 だが、今、その感覚はない。

 うまだっち棒。
 やはり、もう一頭の私たる、股間の相棒がいないのなダメなのか。
 どこに落としてきてしまったと言うのだ。

「まぁいいか……」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析