ハーメルン
癖馬息子畜生ダービー =遥かなるうまぴょいを目指して=
放牧なう

「見てくださいよこれ」

「あん?」

 そこにはスポーツ新聞が広げられていた。
 見出し部分が目に入り思わず口にしてしまう。

「五馬身差で勝利した一着のナリタブライアンに六馬身差をつけてゴールを越えた馬、ブラックロータス……」

「この一行で矛盾していく見出し、割と好きなんですけど」

 笑劇の六馬身。
 一部ではそう言われているが、笑えるのは外から見てる時だけだろう。
 ロータスは押しも押されぬ2番人気。
 賭けた者は阿鼻叫喚し、関係者ですら総立ちしていた。

「ダービーで空馬なんざ前代未聞だってのに……」

 思い出しただけで目頭が熱くなる。

 あの日。そう、あの日の朝に見た夢はダービーを一番に走り抜けるロータスの姿だった。

 馬に関わっていると、時折ある。
 今日は勝てると。
 調子の良し悪しは関係ない、馬を見ていると謎の予感がわく。そして、そう言う予感は当たってきた。
 オカルトじみても、実際に勝てると思った日は外した事がなく。
 それが密かな自慢であり自信の源でもあった。

 そして、あの日もそうだった。

 後光が差して見えた。
 これまでにない、予感が確信に変わった瞬間。
 朝一番に見たロータスの姿、それを見た時に確信したのだ。

 ああ、今年のダービー馬はお前だと。

「俺はもう何も信じられねぇよ……」

 結果は空馬で失格。
 確かにブラックロータスは一番速くゴールした。
 夢の通りで、夢のように儚いタービーだった。

「元々、外す事の方が多いでしょうに」

「それはそうなんだが……」

 身内で極秘にやってる勝てる馬の見極め雑談でも成績は中の下だ。
 賭け自体はしていないが、良い馬を見極めるのも仕事の一環である。

 それも、今回の事で自信をかなりなくした。
 自分は馬を見る目がないのかもしれない。

「まぁ、ナリタブライアンのライバル的な立ち位置は変わってないみたいですよ」

 新聞を指さす場所を読んでみる。

「…………愛すべき馬鹿ではある。しかし、その能力は疑いなく、シャドーロールの怪物の三冠を阻むのはこの馬か?」

「体の良い、まさに当て馬って感ありますけどね」

「この前、上の方の偉い人に呼び出されて、この二頭の争いで売っていきたいから、しっかりしろって釘を刺されたわ」

 胃が痛くなる時間だった。
 食事会で出されたキロ幾らの国産牛の味が塩にしか感じなかったくらいだ。

「そこまで口出ししてくるのは珍しいですね。言いたくなるのはわかるんですけど」

「テイオーとマックイーンしかり、BNWしかりで、ナリタブライアンの横綱相撲より売れると踏んだらしい……」

「と言うことは次は菊です?」

「ああ、G1を狙う路線は変わらない。菊のトライアルを挟むローテ」

 順当と言えば順当なローテーション。
 問題があるとすれば。

「ナリタブライアンと被りますね」

 クラシックは食い合いだ。
 来年からは神戸新聞杯とセントライト記念が菊花賞のトライアルになる予定がされているが、今年のトライアルは京都新聞杯しかない。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析