ハーメルン
癖馬息子畜生ダービー =遥かなるうまぴょいを目指して=
黒い舎弟

 紙袋を手に宿舎の扉を開ける。

「なんですそれ?」

「ファンレターだ」

 どさっと言う音と共に紙袋の中から大量の手紙が机の上に散乱した。

「菊花賞前にですか?」

「新聞杯終わった時のが一部どっかで詰まってたらしい」

「……読みます?」

「……まぁな」

 読まないわけにはいかない。
 だが、ダービーの後に届いたファンレターには、中々、過激なものが多かったため少し身構えてしまう。

「まともに走った、新聞杯、真面目にやれば、強かった。……何か詠んでますよ」

「勝ったことより、まともに競馬してた事に感動した。……わかるわ」

「やってくれると信じてました、でも10万円を返してください。……何を信じてたんですかね」

 例によって応援半分、批判半分、大喜利半分という感じだ。
 以前よりも応援が増えている分、ほっとする。

「しっかし、こういうの増えましたよね」

 昔はおっさんしかいなくて、馬に手紙なんてって感じだった。
 今は割と来る。
 応援のファンレターを送ってくれる人の中には比較的女性が多い。

「オグリくらいからか、客層が増えたよ」

「良い傾向じゃないですか」

「ロータスはアイドルホースって風格じゃないけどな」

 どこまで行っても強いネタ馬という感じは否めない。
 それでも、オグリキャップとは別の個性が人を惹きつけるのか、こうしてファンレターが送られてくるのだ。
 とはいえ、そんなファンの声援が欠片でも力になるタイプでもないが。

「……良い調子だな、ロータス」

「絞れましたし、菊花賞、十分以上に戦えますよ」

「ああ、勝てる……勝てると思うんだが、順調に勝てると思った時ほど勝てないイメージがあるんだよな」

「ダービーに引っ張られすきてるんでは?」

「うっ……頭が……」

 止めてくれ、その話は俺に効く。

「トラウマになってるじゃないんですか……」

「アレはトラウマにもなるわ」

 ため息をついて天井を見上げる。
 そして、ふと思い出した。

「……あ、そうだ。そう言えばぜんぜん話は変わるんだけど、来年、海外で走らないかって話があるんだわ」

「は? 海外って? マジですか?」

「マジもマジ、大マジよ。正式な発表はまだされてないんだが、来年から上の人らが海外遠征に本腰を入れるみたいでな……」

 主要な海外のG1で勝てば報奨金を出したり、内々にではあるが偉い人が遠征のバックアップをしてくれたりする。
 そういうノウハウもあまり培われていないため、早いうちであれば手厚く用意して貰えるらしい。

「はー……それでアレですか、ナリタブライアンの2番手的な立ち位置にいるロータスにちょっと様子を見てこいって感じの話ですか?」

「言ってしまえばそうだな。むしろ、前に勝った事で評価されての話だ」

 ロータスもナリタブライアンも時代さえ違えば、その年の代表馬としてG1を制覇していける実力があると評価された。
 それが古馬になって以降も二頭で数少ないG1を取り合うのも勿体ない。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析