ハーメルン
斬壺(きりつぼ)
第1話

 八島剛佐(やしまごうざ)は信じていたのに。己の剣技を信じていたのに。今や目の前の一切が、剛佐にとって信じられなかった。

 大上段に構えた刀を、一気呵成(かせい)に振り下ろす――かわされる。下段に構え直すと同時、みぞおち目がけて突きを放つ――弾かれる、相手が手にした脇差に。
 剛佐(ごうざ)の顔は、白いものも混じる顎鬚(あごひげ)は、洗ったように濡れていた。なのに目の前の賊は汗一つかいていない。剛佐の半分にも満たぬ齢格好の(わっぱ)は。
 童はあくびを一つして、脇差の背で肩を叩く。もう片方の手で別の脇差をもてあそびながら。腰にずらりと吊るされた幾本もの脇差が、揺れて、からりと音を立てた。

「おっさん、ぼちぼち気ぃすんだか? 命までは取りゃあせん、銭も何も置いていけ」

 山道に風が吹き、辺りの木がざわめく。剛佐は何も答えなかった。構える刀の切先が、絞るように震えていた。
 踏み込む。同時、上段から振り下ろす。面打ちと見せて、刀を横へ回し腰を落とし、脛を断ち斬る――つもりであった。
 脇差に、刀は押さえられていた。脛どころか、自分の顔の高ささえ通り過ぎないうちに。そしてもう一本の脇差は、剛佐の喉元に突きつけられていた。

 童が笑う。
「おっさん置いてけ、全部置いてけ。銭も刀もなんもかも。命と身ぃだけ持って去(い)ね」

 歯ぎしりの後、震える手で刀を納め。ようやく剛佐は口を開いた。

「拙者、八島払心(やしまふっしん)流――」
 五代宗家、という言葉は、口の中で噛み潰した。
「――八島剛佐衛門紘忠(やしまごうざえもんひろただ)。……お見それした、何流か」

 ふ、と童が鼻で息をつく。
「よう聞かれるが。何流も糞もない、何とは無しにかわして斬って、それだけよ」

 剛佐は口を開いたが、言葉は何も出てこなかった。

 童が言う。
「わしにしてみりゃ全然分からん。太刀行きにしろ脚にしろ、何で皆そんなにのろいか。そののんびりした太刀を、何で、さっとかわせんのか。そんで何で、さっさと斬らんか。何で出来んのかが分からん」

 開いたままの剛佐の口に、汗が一筋流れ落ちた。




 背筋を伸ばし、胸を張り、剛佐は宿へと帰りついた。顔は固く、表情はなく、腰に大小の刀はなかった。

 宿の者が声をかける。
「お武家様。遭えましたので、噂の賊――“刀狩り”には」

 ぐ、と息を飲み込んで、剛佐は笑ってみせた。
「いや、とうとう遭えずじまいであった。出てこようなら成敗してくれたものを」

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析