ハーメルン
斬壺(きりつぼ)
第4話


 数日の後、ことづけておいた銭と刀は来た。余計な者と一緒に。

「兄上、お言いつけのものをお持ちいたした」
 八島紘孝(ひろたか)。父亡き今、留守を任せてあるはずの弟が自ら来ていた。

 頭を下げて代金を待たせてある宿の自室で、剛佐は弟から目をそらす。
「……ご苦労だったな」

 背筋を伸ばし、弟は言う。
不躾(ぶしつけ)ながらお尋ねいたす。銭は分かり申す。一人修行に出たといえ、恥掻き捨てる旅の道、ついついの散財もござりましょう。またあるいは、うっかりと失くす、これも無いことではござりますまい。しかし。お腰のものを送れとは、いかなる事情にございましょうや」
「聞くな」
「無礼ながら。町の者どもが噂しており申す、武士のみを狙う斬り剥ぎが山中に出ると。その賊の剣技相当のものにて、命を取らず銭と刀のみを奪うと。よもや兄上――」

 踏みしだくように畳を蹴り、剛佐は立ち上がった。
「ついて参れ」
 それだけ言って宿を出ていく。弟も後へ続いた。

 着いた場所は町外れ。数日来、剛佐が棒切れを振るっている場所であった。
「取れ」
 言って、弟へ棒を放る。自らも別の棒を取り、構えた。
「参れ」
「兄上?」
「参れ」

 いぶかしげな顔をしながらも弟は構える。そこへ剛佐は打ち込んだ。高い音を立てて棒がかち合う。剛佐はそこから手を緩めず、連続で打ち込んだ。弟は防ぎながらも押されるように後ずさる。
体勢を立て直そうと弟が跳びすさる、そこへ。剛佐も跳び込んでいた。弟と同じ距離の跳躍、しかし身を開いて片腕を伸ばして。剛佐の片手突きは弟の間合いの外から、正確に喉をとらえていた。寸前で止めてはいたが。

 棒を下ろし、剛佐は言う。
「もう一本」
 何合か打ち合った後、弟が棒を振り上げようとしたその瞬間。空いた小手を、剛佐の棒がぴたりと押さえる。無論、本来なら打てていた隙だった。

「もう一本」
 振り下ろされる棒をはね飛ばし。剛佐は肩へと、したたかに打ち込む。今度は止めなかった。
「取れ」
 肩を押さえてうずくまる弟に再び棒を差し出し、剛佐は続けた。
「わしが弱いか」
「兄上、何を……」
「わしが弱いかと聞いておる!」
 打った。うずくまる弟の頬を、棒で。無理やりに立たせ、さらに打ち込んだ。

 かつて斬壺を成功させた後、剛佐は全ての技を会得した。弟ほどすぐに覚えられたわけではないが、それまでに比べれば遥かに早く、技の骨子を押さえることができた。斬壺を抜きにしても今や弟を越え、先代にも比肩し得る腕となった、そう自負していた。

 腕に顔にあざを作って倒れた、弟へと言い放つ。
「思い違うな。斬らねばならん糞虫がおる、故に刀が要る。それだけよ」

 弟は目を伏せながら顔を上げた。
「……心得、申した。しかし、いかにして」

 胸の内から押し出すように、剛佐は声を絞り出した。
「斬壺」




 その日から。宿場町には妙な光景が見られた。陶物(すえもの)屋といわず古道具屋といわず、宿、酒屋、商家ではない家々までに。壺を売ってくれ、と武士が尋ねてくるのである。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析