ハーメルン
マチをママにする程度の能力
空想科学閑話 蟻の王の脅威 (改)

【木馬ちゃん用の投槍銃を購入した日のこと】






人間、権力や武力を手に入れてしまうと、それを使わずにはいられなくなる。


そんなわけで、俺も木馬ちゃんも新装備を試してみたくなったのだが、試し撃ちするのにちょうど良い場所がない。

そういった相談をマチママにしたところ、ただ一言「撃ってみな」と言われた。



流石はお金持ち。
壁とか壊れても修理費用ぐらいなんてことはないんだなと思いながら、遠慮せず槍を放ってみた。木馬ちゃんが。

その結果、発射された槍は普通にマチママの念糸で絡み取られてしまった。

「えっ」

「スピードはクロスボウくらいか。悪くないね」


原作において女神マチは突然味方から発せられた音波攻撃を耳を塞いで回避したという逸話がある。

音の速さは秒速340メートルほど。

クロスボウの速さは時速400キロメートルくらいは出ることもあるらしい。
俺はパソコンの電卓機能を起動し、ちょっと計算してみることにした。
木馬ちゃんが俺の肩越しに画面をのぞき込む。


電卓を叩いてクロスボウの速さを秒速に変換してみたところ、結果は秒速約111メートル。
音速の3分の1程度のスピードである。

音の速さにすら対応してみせたマチママならクロスボウくらいは余裕なのかもしれない。



クロスボウと言えば、キメラアントの師団長にヂートゥというチーター顔の男がいて、こいつがクロスボウを具現化していた。
その際に、自分の脚よりも遅いものを能力にしてどうするんだ的な指摘をされていた。

つまり彼は時速400キロよりも速く走れると推測できる。
さらに言うと、時速400キロの速さのものを明確に遅いと表現しているあたり、実際は時速500キロくらいは出ていると考えるのが妥当ではないだろうか。

個人的には彼に対してあまり強そうなイメージを持っていなかったが、実はかなりの潜在能力を誇っていたようだ。

運動エネルギーは速さの2乗に比例するので、速いというのはそれだけで強いのだ。






そんな出来事があった日の夜、俺は夢を見た。


昼間に遊戯王とかいう単語を思い出したのが悪かったのだろうか。
あまりにも意味不明で酷い夢だった。


遊戯王にはモクバというキャラが登場する。
木馬ちゃんと同じ名前だ。


そして、そのモクバには瀬人(せと)という名の兄がいる。
彼は古代エジプトの(ファラオ)のライバルであり、何度も死闘を繰り広げるのだ。

そのモクバの兄のモデルになったのは、名前から考えて、エジプト神話のセト神であると思われる。
セト神は動物の頭と人間の体を持つ神であり、叔父と甥の関係にあるホルス神と王の座を巡り争った。


そういった様々な記憶が混ざったせいだろう。
俺が頭に三角の耳をつけた状態で、叔父と甥っぽい関係にある蟻の王と王位を争うという夢を見たのだ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析