ハーメルン
ゆるふわ芦毛のクソかわウマ娘になってトレーナーを勘違いさせたい
1話:ゆるふわ芦毛のクソかわウマ娘になった


 脳が異常事態を察すると、眠気がぶっ飛んだ。布団を蹴り飛ばし、ベッドから転げ落ちる。

「いて!」

 自分から発せられる声が女の子のものだし、何より自分が着てるパジャマが女物だし、部屋の向かい側で知らない女の子が寝てるし……ガチで脳がバグりそう。

 しっちゃかめっちゃかになりながら、俺は部屋の中を這いずった。ふと、机の上に置かれていた手鏡が目に入る。

 ――非常に。今世紀最大級に、とてつもなく嫌な予感がした。

 恐る恐るそれを手に取り、己の姿を見る。

「――!?」

 そこにいたのは、驚愕に目を見開く美少女()()()。彼女――いや……俺は、ボブカットにしたゆるふわ芦毛を蓄え、アメジスト色の瞳をしている。鼻は小さく、桜色の唇はぷるんとしていて――

 いや俺可愛すぎか!?

 ビックリしている顔が死ぬほど可愛い。え、何これ。俺ってこんなに可愛いの? 可愛いってこんなにエグいんだ。つーか、自分のモノではあるけどウマ耳ってどうなってんの。俺は(多分)ライスシャワー並にでかいウマ耳に触れてみる。

「なるほどね……?」

 猫とか兎の耳に感触は似ていた。唯一違うのは、俺の頭から生えてるものだから、くすぐったさを感じること。芦毛の体毛らしきものがもふもふする。おぉ、軟骨もあるのね……。

「やべ〜」

 こういう時の俺の適応能力は異常だ。自分の美しさに見惚れていた俺は、気づいた時には手鏡を手に様々な表情を繰り出していた。

 怒った顔、笑った顔、真顔、泣き顔。まあ、涙はそんな急に出せないけど……とにかく俺ってば可愛すぎ。

 しかもスタイルがイイ!! ……多分。

 え、あるよね? このサイズって結構ある方だよね?

「もう、アポロちゃん……何やってるの?」
「!?」

 自分の身体を確かめていたところ、部屋の向こうで寝ていた女の子が俺に声をかけてきていた。あなた誰? あと、アポロちゃんって誰のこと?

 とにかくヤバい。つーか、この状況がわけわかんねぇ!

「おれ――じゃなくて、私、えと、学校の身支度をしてて! あ、あはは!」

 勢いで誤魔化すが、ベッドの上で目を擦っている鹿毛のウマ娘が首を捻った。

「アポロちゃん、今日は土曜日だよ? 授業も何も無いけど」

 あぁ……第一声で墓穴を掘っちまった。そもそも、俺が誰なのか、ここはどこなのか、適当にかましたけど学校とか授業って何なのか、全部が全部分からない。

 ……ここは素直に白状した方がいい気がする。いつか誤魔化しが利かなくなるくらいなら、いっそのこと言ってしまった方が楽だ。

「……その、ごめんなさい。お……私、今までの記憶が無くなっちゃって」
「き、記憶が?」
「……うん」

[9]前 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:2/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析