ハーメルン
ゆるふわ芦毛のクソかわウマ娘になってトレーナーを勘違いさせたい
1話:ゆるふわ芦毛のクソかわウマ娘になった


「先は長いし、真っ暗だなぁ……」

 俺の逆襲が叶うとしたら、まだまだ先のことになる。ステイヤーってのは晩成型が多いから――クラシック級の夏を超えた辺りから俺は本格化するだろう。まずは選抜レースで勝ちを拾い、トレーナーをつける。そこから何とかオープンウマ娘になり、スペちゃん含めたこの世代に勝負をかける……しかない。考えれば考えるほど、取らぬ狸の皮算用って感じでげんなりしちゃう。

 だけど、俺は諦める気はない。長く苦しい戦いになるだろうけど……アポロレインボウちゃんの夢と、トレーナーをからかって勘違いさせるって夢のために、俺はやるぜ!!

 気合を入れるため、俺は頬を叩いた。

 思ったより力が強くて、後になってほっぺが手型に腫れた。

[9]前 [1]次話 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:6/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析