ハーメルン
ゆるふわ芦毛のクソかわウマ娘になってトレーナーを勘違いさせたい
2話:トレーナーに見つけてもらうために頑張るぞ!


「ご、ゴールッッ!!」

 ――グリ子が、1着でゴールインした。2人にだけは分かるハナ差の決着だった。グリ子が歓喜の声を上げて、拳を突き上げる。

「――っ」

 身体中の力が抜けた。グリ子は選抜レースで勝利を収め、チームに所属するウマ娘で……一定の実力者とはいえ、負けるのは悔しかった。いや、悔しいなんてもんじゃない。

 グリーンティターンは随分と年下の女の子だ。対する俺は、肉体年齢的には子供だが、精神的には大の大人。全力を出した上で少女に負けるなんて、もう……言葉にならねえ。

「う゛ぅ゛……く゛や゛し゛い゛っ!!」
「ちょ、アポロちゃん!?」
「く゛や゛し゛い゛!! 次は絶対負けないから!!」

 涙が出てくる。ウイニングチケットじゃないが、感情が溢れて止まらなくなってしまった。自分では落ち着きある大人だと思ってたんだけど……いつの間にか()()()()()()()()()()()()()()いたみたいだ。

 勝ちたい欲求って、こういうことだったんだ。

「そ、そんな本気だったんだね……」
「当たり前じゃん……!」
「……今日のところは、終わりにしよっか」

 グリ子が翡翠の瞳を微妙そうにひそめてそう言った。いつまでも泣いているわけにはいかない。彼女にはわざわざ足を運んでもらった上、併走と実戦形式のレースに付き合ってもらったのだ。悔しさを表に出すのは悪いことではないが、彼女に申し訳なく思ってもらっては困る。

[9]前 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:6/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析