ハーメルン
ゆるふわ芦毛のクソかわウマ娘になってトレーナーを勘違いさせたい
2話:トレーナーに見つけてもらうために頑張るぞ!


 俺は涙を拭って、気丈に笑顔を作った。

「グリ子とはいつか、でっかいレースで戦いたいな」
「あはは、いいねそれ」
「その時はぶちのめすから覚悟しといてね」
「何か燃えてきた」

 グリ子は切り替えが早い。というか、俺の気持ちを汲み取ってくれたっぽくて、肩を組んできた。俺も良い友達を持ったなぁ……。

 俺達は夕焼け空を背に、帰路についた。選抜レースまであと少し。こうして俺を支えてくれる友達兼ライバルがいて、練習場もありったけの闘志もある。俺は何もかもに恵まれているのだ。

 次の選抜レース、勝つしかない。俺の2つの夢のために。

 ……この悔しさは、選抜にぶつけてみせる!!

[9]前 [1]後書き 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:7/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析