ハーメルン
脇役系主人公は見届ける
第5話 ギルドファイト制度

 小鳥のさえずりで目を覚ます朝。寝ぼけ眼を擦りながら身体を起こしていくと、そこに広がっていた光景は木製の個室というもの。

 一人で暮らすには、十分な空間だった。そこには、簡易的に用意されたベッドや机、クローゼットという一式が揃えられており、部屋の隅も含めて一切と埃が積もっていない。

 ……全部、“彼女”が整えてくれたものだった。ギルドマスターの命令だからと渋々な表情で用意してくれたこの環境に、自分は感謝を述べながら眠りについたこの数時間。そして迎えた朝に気合いを入れ直し、紺色のアウターに白色のシャツ、黒色のパンツに焦げ茶の靴という一式で四角い一軒家から出ていくと、自分は真っ直ぐと、指定された二階建ての建物へと向かった。



「おはようございます」

 一階がガレージになっている、とある事務所。外付けの階段で二階に上がって、扉を開けて中に入る。
 扉を開いた先では、茶色をベースとしたクラシックな内装の事務室がお出迎えしてくれた。並ぶ本棚に詰め込まれた大量の本や資料に、背の低いテーブルや来客用のソファ。他、キッチンや洗面所に続く扉なんかも見受けられるこの空間の奥に、事務机で仕事を行っていたのだろう“彼女”がイスに腰を掛けている。

 こちらの挨拶に対して、沈黙で答える彼女。イスから立ち上がってこちらへ歩み寄るその途中では、どこからか取り出した電子タバコを咥えて悠々としたサマを見せてきた。

柏島(カシワジマ)歓喜(カンキ)くん、ね」

「そうです。よろしくお願いします……」

「“ユノ・エクレール”よ。よろしく、柏島(カシワジマ)くん」

 口から吐いた煙さえも、アクセントとしてしまうその佇まい。そんな彼女はユノ・エクレールと名乗り、冷たくも光を持つ黒色の瞳でそのセリフを投げ掛ける。

「気分はどう? 何か思い出したかしら?」

「いえ、何も思い出せないままです……」

「そう」

 自分から聞いておいて、割とどうでもよさそうな返答。分かり切っていた、とも言える反応でユノは部屋の中を歩き、そうセリフを続けてくる。

「私はちょうど、助手を探していたところなの。だから、貴方が来てくれたことは私にとっても都合が良かったわ。——尤も、若い女の子じゃなかったのが唯一の不満だけれども」

「あの、ごめんなさい……」

「貴方が謝ることじゃないわ。それよりも、さっそく助手として働いてもらうから」

 電子タバコを吸い、口から煙をゆっくり吐いていくユノ。そのまま振り返ってこちらを見据えながら、部屋の中を歩きつつそれを喋り出した。

「やることは既に山積みよ。主に部屋の片付けと朝食の準備、それに買い出しや洗濯をしてもらってから、夕食の献立を立ててもらう。そうね……今日は肉が食べたいわ。それも、とびっきり辛いやつ。肉料理をメインにした五人前の献立を、貴方に用意してもらおうかしら」

「は、はぁ……。——え? あの、献立……ですか?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析