ハーメルン
ライザのアトリエ~たった一つの魔法の言葉~
序幕











――――此の戦いは何てことない当たり前のものを守る…あたし達だけの戦い…――――









































ザザァ…ザザ…





波の音が聴こえる…






暑い陽射し、美しく透き通った浜辺の中を一人の女性…いや、まだ大人へと成長しきってない少女が憂鬱気に歩く…


この美しい景色も、十数年此処で暮らしてきた少女にとっては既知に溢れた代わり映えのしない詰まらないものにしか見えない…


しかし、思春期で好奇心の塊と言っていい彼女にとっては若干致し方ない事ではあるのかもしれない。


故に、少女はこの代わり映えしない日々を心より変えたいと焦がれていた。





彼女の名は「ライザリン・シュタウト」通称「ライザ」

何てことない農家の一人娘である。






此処はクーケン島、ラーゼンボーデンと言う特産物など何もない、何てことない村


その何てことないものの中で子供が大人へと変わっていく出会いと別れ、成長を描く、青春の物語である


















「――――それでね!お父さんが毎度「麦の気持ちを考えろ」って言うから、つい「あたしは麦じゃなくて人間だよ!」って答えちゃったら―――――」


「分かったよ、どうせ母ちゃんの方に怒られたんだろ?怒るとおっかねぇからなぁ…ミオさんは」


「そんなことより見てよホラ!少しは意味が分かりそうな図入りの本があったんだよ!」


「何よ!そんなことって!あたしにとっては――――――」





一つの小さな円卓を囲んで少年少女の騒々しい声が小さな部屋に響く



一人は赤毛に偉丈夫、精悍な顔つきながらも幼さを残しつつ将来は益荒男になりそうな少年


彼はまたかと言わんばかりの呆れた顔で少女の話を聞く、彼の名は「レント・マルスリンク」このメンバーで一番の常識人かつストッパーでもあり、そのお人好しさから来る苦労人でもある。




もう一人はおどおどした雰囲気に小柄でどこか可愛らしくもある顔つき、金髪でそばかすと大きな丸眼鏡が特徴の少年


今は新たなる本への興味か、あるいは気心知れた友達しか居ないからか、おどおどした雰囲気は鳴りを潜め、新たなる未知を見つけたことによる興奮で頬を若干染めている、彼の名は「タオ・モンガルテン」小心者で人付き合いが苦手、しかしながら強い信念を持ち本への情熱をささげる村の変わり者である。


そしてもう一人がこの部屋の主――――の娘である「ライザ」親に怒られた不満を吐き出すように友達へと愚痴るのであった。

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析