ハーメルン
ライザのアトリエ~たった一つの魔法の言葉~
レントのキズ/アガーテの優しさ

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!

おれは朝起きると、評価者が増えてないかな~とか、感想来てないかな~って小説情報を見て一喜一憂するのが楽しみだったんだ―――それがいつもの様に朝覗いてみたら、評価者とか閲覧数とかお気に入り登録とか、普段の倍以上に膨れ上がってたんだ…

な…何を言っているのか、わからねーと思うが…おれも、何をされたのか、わからなかった…新話投稿とか特別なことは何もしてねぇ…頭がどうにかなりそうだった…催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ、断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を、味わったぜ…


























え?いや、ありがとうございます!?(錯乱
よく見ると、評価値?に赤色はえてるし…コレのお蔭でランキングでも乗って人目に付いた…とか?な、何はともあれ作者にこんな上等な餌を与えられて、今日投稿する予定なかったけど、慌てて仕事前に執筆しました…(チョロイ

※ヤツが出てくるので多少の胸糞要素ありますのでご注意を
[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:0/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析