ハーメルン
ライザのアトリエ~たった一つの魔法の言葉~
初戦闘

「自信がないよ…自分は他の偉大なる二次創作作者先輩方のように文章力なんてないし…そういうのじゃないし…ハーメルンでやっていけそうには…」

「二次創作作者だって一般市民ですよ?」

「え?」
 
「初めに自信が無いのは、当たり前のことよ。積み上げた努力と、その成果が、自信に繋がる…」

「あとは一握りのスパイス…」


















というわけで無駄な前書き終わり、辛口でも暴言でもいいのでスパイス(評価)ください_(:3 」∠)_
[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:0/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析