ハーメルン
転生したラップバトルができるようになった件
転生!

私は、北山 優菜。今は音楽を聴きながら塾からかえっている途中雨が降り始めた。幸い、折りたたみ傘を持っていたから、ずぶ濡れで帰る羽目になっていたと思うと、何か急に寒くなってっきた、、、
雨は、さらに激しさを増して行き、雷まで鳴り始めた、、、
(早く帰らないと!)
近くで、雷が落ちた
(近くの避難でk)
私の意識はここで途絶えた


































※※※※


「ん、んー?ここどこ?」
当たりを見渡すと、何かよく分からんが、神聖な雰囲気に包まれた場所に立っていた
「目が覚めたかな?」
ヒゲが生えたおじちゃんが近づいてくる
「誰ですか?」

「ん?儂は神じゃ」

「なんで神様が私に話しかけてるんですか?」

「まぁ、その理由はじゃな、、、」

「?」

「君を間違えて殺してしまったんじゃ」

「ええええええええええええええええええーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!」

「驚くのも無理もないか」

「じゃあ私どうなるんですか?」

「話が早くて助かるよ、結論から言うと君は生き返ることが、可能なんだがのー」

「?」

「元いた地球ではないんじゃよ」

「え?」

「君の体が焼却されて骨になってな」

「えじゃあ、もし万が一かえっていたら、、、」

「地球でただ一人のスケルトンになってしまう」

「あー」

「そこで、転生させるんじゃよ」

「なるほど」

「転生の際、いくつか能力を渡すことができるんじゃが、、、どんなのがいいか検討は付くかの?」
(どうせ、なんかヤバ目の能力なんじゃろう)
「私が欲しい能力はFNFの能力と歌で敵を攻撃する能力です」

「意外じゃな」

「?」

「てっきり俺TUEEかと思ったんじゃが」

「私は歌を演奏と歌いただけ、ただそれだけです」

「・・・わかった、今から説明するからよく聞くんじゃぞ」

「はい」
能力の名前は演奏者(ウタウモノ)内容は
ラップバトル・演奏及び歌唱・音爆撃・神羅万象・思考加速・楽器作成
「わかったかの」

「わかりました」

「次にラップバトルというのは、条件がある
1)人型である
2)お主が「ラップ勝負!」というと起こる
3)負けた方は勝った方の願いを聞く」
4)直接攻撃はなし(ただしお邪魔ギミックはあり)

「なるほど」

「あと、楽器作成でスピーカも出せるから」

「ありがとうございます」

「あ、ちなみに相手が強ければ強い程、曲が増えるというのもあるから気をつけるんじゃぞ」

「肝に銘じておきます」

「次に音爆撃なんじゃが」

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析