ハーメルン
転生したラップバトルができるようになった件
転生!

「脱出方法があるなら有難いが、じ実はなあと100年と経たずに我の魔力は底をつく所だったんだ。魔素は漏れ続けておるし」

「ちなみに切れたら?」

「たいしたことは無い、朽ち果てるだけのことよ」

「いや、結構な大事なことを自覚してる?」

【そ、そうか。長い孤独の後に朽ち果てるだけっかぁ。うん、試してみるか大賢者。『捕食者』で無限牢獄を捕食しろ。】
スライムさんの手が無限牢獄に触れる

【そう簡単にはいかないかー。】

「無理であろう?」

【うーん、どうにかならないか?】

「おい、自分のスキルとばかり話するでない」
~10分後~
私とヴェルドラさんは話し込んでいた
「気をつけろ、お前は非常に珍しい種族だからな」

「わかりました」

【大賢者と捕食者で解析すると!】

「いきなりどうしたの?」

「それは面白い。是非やってくれ!お前に我の全てを委ねる」

【そんな簡単に信じてもいいのか?】

「無論だ。ここでお前達が帰って来るのを待つよりも3人で無限牢獄を破る方が面白そうだ。」

「私は何もできないけどね」

【じゃ、じゃあ。今から『捕食者』で】

「ちょっと待て、その前にお前らに名前を付けてやろう。お前達も我に名をつけよ。」

【はぁ?】

「え?」

「同格と言うことを魂にきざむのだ。人間で言うファミリーネームみたいなもんだが我がお前達に名付けるのは加護になる。お前達はまだ名無しだから名持ちの魔物の仲間入りができるぞ」

【名持ちの魔物か、いいな!】

「私にもつけてくれるの?」

「勿論だとも。かっこいい名前を頼むぞ!」

【そっちもな】

「私女性だったから可愛い名前だと助かるよ」

「我に任せたまえ!」
~5分後~
【あ!テンペスト!テンペストなんてどうかな?】

「なにぃいいいい!!!!テンペストだとぉ?」

【ダメか?】

「素晴らしい響きだ!!今日から我はヴェルドラ・テンペストだー!!」

【気に入ったのかよ】

反応がデカイね。

「良かったねー。」

「そしてお前にはリムルの名前を与える。そしてお前はサーナ」

【リムル、悪くないな。】


「私もこの名前貰えて嬉しいです!」

「リムル=テンペスト。サーナ=テンペスト。と名乗るが良い。」
名前が魂に刻まれると私の力が増したような感じがした

【俺はリムル=テンペスト】

「私はサーナ=テンペスト」
そして!
「「ヴェルドラ=テンペスト」」









【じゃあ、今から食うけどさっさと無限牢獄から脱出して来いよ。】

「ふふふ、任せておけ。そんなに待たせずにお前達と合間見えようぞ」

【よし、ユニークスキル『捕食者』!! 」

するとリムルの体は無限牢獄を覆い、元のスライムに戻った。

[9]前 [1]後書き 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:4/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析