ハーメルン
仮面ライダームラサメ
第十頁[錆色の思い出]

「ハァァァーッ!!」

 まだ日の沈み切っていない、磐戸の街中にて。
 紫電の太刀と、鉄塊のように無骨な大剣が激しくぶつかり合う金属音が響いていた。
 戦っているのは紫乃が変身した仮面ライダームラサメ、その相手はアダンという名の男がモンストリキッドを使って変異したキュクロプス・ギガだ。
 その戦いを遠巻きに駿斗と若葉が見守り、ロゼと灰矢は変身して他の戯我たちの対処に当たる。

「喰らえ!!」
《サンダー! Calling(コーリング)!》
「急々如律令!!」

 掌から放たれた雷が、キュクロプスの大剣を伝って全身を痺れさせる。
 敵の身体が動きを止めたところを狙い、ムラサメは一歩踏み出し、袈裟に斬りかかった。
 破魔の水を帯びた刃は、分厚い筋肉に傷を作る。
 ――しかし。

「と・こ・ろ・がぁ~!? 効かねぇんだよォ、なァ!!」
「がっ!?」

 ケラケラと笑うキュクロプスが繰り出した前蹴りによって、胸に一撃を受けたムラサメは大きく態勢を崩してしまう。
 刃は確かに通ったのだが、キュクロプスの頑健な身体に深いダメージを負わせる程ではなかったのだ。
 そして、両手で握って振り上げられた大剣の刃が、今まさにムラサメに向かって襲いかかろうとしている。

「ヒャッハ! 死ィねやァーッ!」

 ムラサメは舌打ちしつつ、痛む身体に鞭を打ち、その怪力に任せた一振りを太刀で受け流すべく構える。

「オラァッ!!」
「が、あああ……!!」

 重い。
 狙い通りに攻撃を逸らす事はできたが、あまりの衝撃に指先が痙攣し、危うく刀を落としそうになっていた。
 このままでは、次の一撃は今のようには受け切れないだろう。

「ならば!」
《アイス!》
《セイレーン!》
「カラーシフト!」
《冴え渡る青氷の歌声! アイスセイレーン!》

 AウェポンTモードを逆手に持ち、忍者の姿となったムラサメは素速く動き回って、背後からすれ違いざまに斬りかかる。
 キュクロプスが反撃する頃には距離を取り、再度攻撃と退避を繰り返す。 
 いわゆるヒット・アンド・アウェイ戦法。敵が速さに劣ると見て、スピード勝負で立ち回る方面に切り替えたのだ。
 一撃一撃は軽かろうとも、これならば着実に追い詰めていけるだろう、とムラサメは判断したのである。

「しゃらくせぇ!!」

 その考えを真っ向から否定するように、キュクロプスは剣を水平に構えてその場で一回転。
 既に猛スピードで前へ飛び出していたムラサメは回避できず、だが咄嗟にレリックドライバーのセイレーンリキッドを押し込んだ。

《セイレーン! Calling(コーリング)!》
「急々如律令!」

 ムラサメの口部から超音波が放出、それを耳にしたキュクロプスの勢いが落ちる。
 しかし僅かに軌道の狂った剣は止まらずに振り切られ、間合いに入ったムラサメの肩を掠めた。
 ただそれだけで、ムラサメは吹き飛ばされて電柱に叩きつけられる。


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析