ハーメルン
仮面ライダームラサメ
第十六頁[暗黒の力、ギガノイド]

「もう対策を考えているとは。流石ですね、伯爵様」

 ロッソが褒め称え、ヴェールは拍手。それを満足そうにカリオストロが受けた。

「これからは増々忙しくなるよ。君たち兄妹も……そして、我々幹部もね」

 黄色い輝きを放つ剣を鞘に納め、ニヤリと笑うカリオストロ。
 二人も愉快げに唇を歪ませ、フォージバイザーを撫でるのであった。

[9]前 [1]後書き 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:8/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析