ハーメルン
仮面ライダームラサメ
第十七頁[青海の上の悪夢]

 磐戸で起きた二人のギガノイドとの対決から、既に二週間が過ぎていた。
 封魔司書たちはその間、新装備の開発や戦闘訓練に励み続けた。
 無論、それは紫乃やロゼ、灰矢たち仮面ライダーも例外ではない。
 その日も、彼らはボルケイノドラグナー及びスパイラルジャグラー戦から得た戦闘データを元に、訓練を行っていた。
 特に紫乃とロゼの気迫には、凄まじいものがある。退却まで追い詰めたとはいえ、二人は実質的に敗北しているためだろう。

「シッ!」
「ハァッ!」

 ギガノイドの姿形を模倣した竜型のインクの怪人と、妖精型の怪人。
 それらの放つ攻撃を凌いでを刀と槍で薙ぎ倒し、次の標的に狙いを定める。
 が、そこで通信席の織愛から声がかかった。

『二人共ストップ! ちょっと熱くなりすぎ、一旦休憩して!』
「オレはまだやれる」
「私もです!」

 そう言った紫乃とロゼだが、両者とも全身が汗だらけで、疲労からか身体も僅かに震えている。
 灰矢は溜め息を吐き、二人の顔にタオルを放り投げた。

「そろそろ終わりにしとけって。あんまり焦ったってどうしようもねぇぞ?」
「だが……」
「新装備が完成する頃に身体が動かなくなったら、それこそ問題だろ?」

 紫乃が反論しようとして、しかし自分でも限界が来ている事を理解して止める。ロゼも頷き、トレーニングルームから退室する事にした。
 そして部屋の外の休憩室に用意してあるスポーツドリンクの入ったボトルを手に取り、中身を口に含んだ。

「はぁー……ほら紫乃くんも」

 もうひとつボトルを手に取って、ロゼはそれを手渡す。
 紫乃は何やら一瞬ボーッと彼女の姿を見て立ち止まっていたが、声をかけられると我に返ったらしく、すぐにそれを受け取った。

「あ、ああ。すまない」
「どうしたの? 疲れてる?」
「いや、なんでもない……」

 首を横に振った後、紫乃もスポーツドリンクを飲み始める。
 そんな二人の様子を見ていた灰矢は、興味深そうにニヤリと笑っていた。

「じゃあ、私はそろそろ部屋に戻ろうかしら」
「オレもそうするか」
「おっと待った。紫乃、今からちょっとだけ話せるか?」

 小首を傾げつつも頷き、紫乃は灰矢と向かい合う。

「なんだ一体?」
「いや何、ちょっと前から思ってたんだがよ。何か悩みあるだろ」
「悩み?」

 なんの事だろう、と一瞬訝しむ紫乃であったが、すぐにハッと目を見張る。
 先程も自分でも分からずロゼを見つめたまま立ち尽くしていたのだ、それを灰矢に見られていたのだろう。
 そして、確かに紫乃には大きな悩みが、それもロゼに関係したものがあるのだ。
 紫乃が小さく頷くと、灰矢はフッと笑みを浮かべてわしゃわしゃとその頭を撫でる。

「話してみろよ、この頼れる灰矢先輩によ」
「やめろ。子供扱いするな……だが確かに、抱え続けるよりは話した方が良いのかも知れないな」

 手を払い除けつつもそう言って、紫乃は語り始めた。
 当然、先日のロゼとショッピングモールに行った時の話だ。灰矢は二人が夜に出かけてからの事を見ていないので、顛末を知らなかった。
 全てを聞き終えて、灰矢は驚いていた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析