ハーメルン
仮面ライダームラサメ
第十八頁[優雅なる赤薔薇、華麗なる紫薔薇]

 船内のとある一室にて。
 赤いシルクハットの少年と、緑のゴシックロリータファッションの少女がそこにいた。
 二人は笑いながら何事かを囁き合っている。
 そんな和やかな空気の部屋の中へと、ノックの音が転がり込んだ。

「何かトラブルでもあった?」
『会場の方で、我々の事を嗅ぎ回っている者がいるとモルガン様から通達が。如何しますか?』

 それを聞いて、少年ロッソと少女ヴェールは退屈そうに息をつく。

「『あの御方』はアダン教官とカリオストロ様に会場の事を一任してるから、僕らが動く必要ないよ。封魔司書の仮面ライダーだったら話は別だけどさ」
「ただの人間とか戯我なんて相手にしてもつまんないもんね~」
『……畏まりました』

 返答の後、足音は遠ざかっていく。二人もそれを理解して笑い合い、お喋りを再開する。

「本当に仮面ライダーが出たらどうするの、兄様?」
「もちろん、また痛めつけて彼女を僕らの恋人にするさ。あの御方の許可が降りたらね!」
[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:0/11

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析