ハーメルン
仮面ライダームラサメ
第十九頁[白と黒の交叉]

「……騒がしくなって来たな」

 遺物オークションが行われている豪華客船、そのVIPルームにて。
 一人の男が、黒いドレスを纏う女性と共にワインを楽しんでいた。
 男は白いローブにフードを被っており、金髪を前に垂らしている。

「そろそろ私も、LOTに挨拶でもしに行くとしようか」

 にわかに騒がしくなる船内で、グラグラと揺れる中。ワイングラスを置いて、男は立ち上がる。

「君もどうかな? モルガン」
「お伴させて頂きます」
[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:0/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析