ハーメルン
生徒会長が栞子なのは間違っている?
最終幕「雌雄は決した」

「という訳で栞子さん、勝負しましょう!」
「ドウイウコトデスカチョウサン」
「栞子、痛い。腕折れる、ねぇ殺す気? 貴方私を殺す気なんですか?」
「ウワキハゼッタイユルサナイ」
「する気ないですけど」
「それではこの状況を説明して下さい。刺しますよ」
「刺してない、噛んでる。首痛い、腕痛い」

 今の俺は割とピンチだ。どれくらいピンチかと言うと、悲しみの向こうへ辿り着きそうな状況なのだ。いや、せつ菜さんはそんな事しないけど、栞子が、栞子が俺を首を噛むのだ。
 俺の腕に抱きついているので、中々いい二つの果実が当たる。本来なら喜ぶべき所なんだろうが、腕が折れるくらいの力で掴まれているので、走馬灯を見るのに必死である。死んでんじゃねぇか。

「私だって蝶さんに助けられた時から好きなんです」
「黙って下さいぽっと出」
「栞子言い方ってもんがあんだろ」
「黙れ小僧」
「あ、はい」

 怖、栞子怖。え、何? コイツって本気で怒るとそんな怖いの? 蝶さん全然知らなかった。

「勝負をして下さい。私が勝ったら蝶さんに二股してもらいます」
「返り討ちにしましょう」
「あれ? 俺の意見無視? という栞子。もう付き合ってるなら勝負する必要なんて無くね?」
「どうせせつ菜さんの事です。逃げるのかとか言って私を挑発するでしょう。面倒な芽は潰すのが最適です。豆苗の様に」
「例えもう少し何とかならなかったのかよ」

 もう、止めても無駄だ。そう考えた俺は二人の試合の審判をするのだった。

 ☆

「「料理対決です!」」
「死人が出るんですがそれは」

 助けて、せつ菜さんに殺される。というのも前に栞子が言ってた。せつ菜さんの料理は核兵器だと。一口食べるとトロけると……心臓が。
 それを怖がった俺は言葉を発したが、時すでにお寿司。

「「出来ました!!」」
「何で片方紫色なの?」
「因みに課題は卵焼きですよ」
「何で片方紫色なの?」
「一生懸命作りました! 食べて下さい!」
「何で片方紫色なの?」

 おかしいな、栞子が作ったものはしっかりと厚みのある黄色通り越して黄金の卵焼きなのに。なぜせつ菜さんの卵焼きは紫色なんだ。

「せつ菜さん。卵焼き何入れた?」
「隠し味に卵の殻で食感を作り、タバスコでアクセントを加えまして、プロテインの出汁を入れました!」
「何で片方紫色なの?」

 本日4回目のこのセリフ。だっておかしくね? タバスコは赤、卵の殻は白。プロテインは……仮にココアとかで茶色だとしてもこんな紫色にならんだろ。

「「さぁ! 食べて下さい!」」
「あ、ハイ」

 俺は覚悟を決めた。まず最初に栞子の卵焼き……

「何これ店なんだが。めっちゃ美味い」
「わーい」
「途端に栞子さんのIQ低くなった!? やはり好きな人に褒められるとバカになるって本当ですね」
「ちなみに蝶さんと快楽に溺れている時も頭バカになりますよ」
「溺れた覚えはない」
「ぐぬぬ……それじゃあ蝶さん! 私のを食べて下さい」
「お命頂かれます」

 そして俺は覚悟を決めて、せつ菜さんの卵焼きを一口……二口……三口……

「あべし」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析