ハーメルン
アルビノ美少女にTS転生したと思ったらお薬漬け改造人間状態にされた上にシティーハンターの世界なんですけど?
第5話「ロリコンスレイヤー白の巻!(前編)」

「……て、……きて、白ちゃん。」

「ん、むう。」

優しく体を揺らされて起こされた白。
目を開くと、体を揺らしていたのは香だった。

「朝ごはんできてるわよ。
そろそろ起きて。」

「うん……起きる。」

もぞもぞとベッドの中で体勢を変え、上半身だけ起こしてベッドの上で大きく伸びをする。

「じゃあ、ダイニングで待ってるから。
着替えてからおいでね。」

「……うん。」

香が出て行って静かになった部屋で、ふう、と一度息をつく白。
ベッドから降りてパジャマから着替えつつ、今の状況をぼーっと考えていた。

(結局(リョウ)のマンションに世話になることになったなぁ。
当初の予定とは違うけど、まあ生きてるだけ儲けものってね。)

教授の家を辞して3人でマンションに帰ってきた後、(リョウ)は適当な空き部屋を白の部屋としようとした。
白もこれに賛同していたのだが、香が猛反発。
半ば強引に白の寝床は香の部屋となった。
それが一週間前の出来事だ。
当然ベッドも一つしかないので、当初は無表情の裏で密かに大興奮した白。
しかし、アレやコレやいたそうにも股間の相棒は前世に置き去り。
結局感触を楽しむ以外にできることはなく。
しかも、少し白の中で心境の変化が起こっていた。

(体に心が引っ張られているのか、なんなのか。
香に抱きつかれてると興奮とかよりも安心感が勝つんだよなぁ。)

寝るときは後ろから香に抱きしめられて抱き枕状態で寝るのだが、香の温かさを感じるとすぐに眠気に襲われて寝てしまうのだ。
そのこともあって、この一週間特に香に手を出したりはしていないし、その気も起きなかった。

(というかこの一週間家でテレビ見て本読んで新聞読んで食って寝てるだけなんだけど。
そろそろなにかせんと、いよいよニートから抜け出せなくなりそう。)

パジャマからいつもの無地白シャツとホットパンツ姿に着替え終わった白は、トレードマークの白いコートを羽織ると姿見の前に移動した。
このロングコートは室内で着ていると香は良い顔をしないものの、着ていないと白が落ち着かないのだ。
コートに仕込まれた武器に常に触れながら生きてきた白にとって、このコートこそが生命線ともいえる唯一の装備だった。
武器の類は外されたまま没収されてしまったので、丸腰に変わりはないのだが。
気分的なものである。
この一週間、(リョウ)と香は、どちらかがマンションに居ないことはままあった。
しかし、必ずどちらかは家に残っていたうえに白の外出は許して貰えなかった。
恐らく白の容態の確認と、ユニオンの動きの確認のためだろう。
その間、白が家でしたことといえばだらけること以外だと一応身体能力の簡単な確認程度。
まず、今の白が着ているコート。
これを暗器フル装備で着るのは難しい。
着られなくはないが、よたよたとしか動けなくなる。

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/14

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析