ハーメルン
悪事を働かない、あくタイプ使い
悪事を働かない、あくタイプ使い

 春。

 キレイハナやドレディア、メブキジカと言った草タイプポケモンが一斉に花を咲かす、命芽吹くこの季節は、同時にトレーナーズスクールを卒業した少年少女たちが、夢と期待を胸に、大冒険の一歩を踏み出す季節でもあった。

 生まれ故郷である町を離れて目の当たりにする、数々のポケモン。世界の広さ。
 彼ら彼女らは、道中様々な出会いを繰り返しながら、一歩一歩と進んでいく。例え、火の中水の中草の中。相棒さえいれば、どんな困難だって乗り越えられる──そんな思いと共に。


「あわわわわ……」


 ()()()、なのだろう。
 トレーナーズスクールを卒業したばかりの、10歳前後の少年少女たち。年頃の彼ら彼女らは、心強い相棒の存在と、未知の世界を前に浮き足立ち、『自分たちならどこにでも行ける』『どんな困難でも乗り越えられる』……と言った、根拠の無い全能感に取り憑かれてしまうことがままあった。
 故に、この様な失態を犯してしまうのだろう。

 場所は、ファストタウンから東へ進み、スクールのあるセカンシティを抜けた先。トライシティへ向かうその途中に存在する、適度に生い茂った森林だ。

 木々はそこまで高くなくある程度の日照量が確保されており、付近に清潔な小川も存在することで生存場所としてはかなりの安全地帯である。
 その為、比較的温和な性格の多くのポケモンが存在し、むし・くさ・みず・ひこう・ノーマル、それと少数ながらかくとうと言った具合にタイプも豊富であることから、初心者にはうってつけの場所として認知された森。


「──ククク…。こりゃあまた、可愛らしいお客さんだ」


 通称『ビギンの森』と呼ばれるそこで、先日スクールを卒業したばかりの少年・カモミが出会ったのは、不気味に口角を吊り上げて笑う一人の男性だった。

 10歳のカモミはもちろん、同年代の平均身長を大きく越す男性は、目測でも190はあるだろう。
 娯楽の少ない田舎育ち、日々野山を駆け回っていたカモミは短パン小僧然としたしっかりした体付きではあるものの、相対する男性とは天と地の差。服の上からでも分かる、鍛え上げられた筋肉は見事の一言に尽きる。

 服装からしてエリートトレーナー。ヒメンカを思わせる萌葱色の前髪を、気障ったらしく流した彼は目前で震えるカモミを前に、その笑みを崩すことなく一歩近づいた。


「ククク…。スクールを卒業したばかりの新人トレーナーは、自分の力を過信して無茶をすることが多い。無謀にも格上に挑んで退き際を誤ったり、欲を出して危険地帯に自ら飛び込んだりなァ……」


 あわわわ……、と震えるカモミは、男性の言うとおり、欲をかいて森の奥深くへと足を運んでしまっていた。と言うのも、『ビギンの森』の奥深くには時折強大な力を持ったポケモンが出没すると言う噂を小耳に挟んだからである。

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析