ハーメルン
悪事を働かない、あくタイプ使い
悪事を企てない、あくタイプ使い

 セカンシティは街全体でトレーナー育成に力を注いでおり、地方でも有数のトレーナーズスクールがあることで有名だ。


「ククク…。俺様はギガン、あくタイプのエキスパートだ。今日から1週間よろしくなァ!」


 ヤ◯ザが来た、と言うのが、赤と黒の2色が混じった髪を腰まで伸ばした少女・バルディアの素直な感想である。

 今し方自己紹介を行った、ヒメンカに似た配色の髪を気障ったらしく流した男性・ギガン。彼は本日より1週間ほどスクールに通い、生徒たちのポケモンバトルの相手を務めるとのことだ。
 話を聞くに、彼は卒業生らしい。

 OB・OGを招聘(しょうへい)し、ポケモンバトルを行う特別授業自体は以前から何度かあったものの、またなんとも『濃い』のが来たなぁ、と。ギガンの人相に怯え、若干顔を蒼くしているクラスメートを何人か見つけた彼女は、心中にて独りごちることになった。





 ***





 アイツは悪の組織の親玉だ!
 ……なんて噂が生徒間で発生するのには、そう時間を要さなかった。

 あっという間に『ギガン=悪の組織』やら『ギガン=何かを企んでいる』説が流布され、一部からは、彼を学校から追い出そうとする『ヒーロー』まで登場する始末である。


「ち、ちくしょー! 悪者のくせにー!」


 場所はスクールの敷地内に何箇所か造られた、バトルコートの内の1つ。そこでは、ギガンを追い出す名目で勝負を挑んだものの、相棒のワンリキーが返り討ちにあったことで、少年トレーナーが地団駄を踏んでいる最中だった。


「ククク…! 俺様があくタイプ使いだからって油断したなァ。タイプ相性だけで勝てる程、ポケモンバトルは甘くねェンだよ、ククク……!」


 もるぺこっ! と今し方ワンリキーを沈めたモルペコを撫でながらギガンが笑う。
 勝負を挑む発端はともかく、一応ポケモンバトル自体は行えているので、その務めを果たせてはいるギガンだ。

 オボンの実を彼から受け取り美味しそうに頬張るモルペコを見て、その愛くるしい姿から女子生徒はメロメロ状態。逆に、男子生徒はそんな女子たちの姿を前にギガンを睨み付けながら団結力を高め、打倒悪の親玉っ! と声を荒げていた。

 子供ながらに「子供だなぁ」とそれを眺めていたバルディアは、ふと、ギガンが何かしていることに気づく。手元のメモ帳に向け、何かしらを物凄い速度で書き込んでいく彼を見て、疑問に思った彼女は何をしているのかと訊ねた。
 すると、ギガンは「あン?」と声を漏らす。


「何をしているかだァ? …決まってンだろォが。さっきのバトルの問題点・良かった点、そこから考えられる改善案を分かりやすくまとめてやってンだよォ、ククク…!」


 えっ、優し…。
 不気味に笑うギガンを前に、バルディアは不覚にもそう思ってしまった。





 ***





「み、見ろ! あれは監視カメラか盗聴器を仕掛けているに違いないぞ…!」
「なんて悪いやつなんだ!」



[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析