ハーメルン
上位者少女が夢みるヒーローアカデミア
4話 ヒーロー基礎学です

 
 
 クラスメイト達から逃げる様に気配を消して、静かに教室を後にする。

 この学校はおかしい。除籍という夢と希望しかない横暴を『合理的虚偽』でバッサリ切り捨てた挙句、血が欲しいと好ましく思う女子からルームシェアのお誘い。私への罠でできているとしか思えない。いくらトガヒミコが普通じゃないからって限度というものがある。……肉体的にはともかく精神的に疲れきってしまった。

(……輸血液、飲みたい)

 溜息をつきながら歩いていると、同じ様に疲れきった背中を見つける。

(……あれは、緑谷くん、でしたっけ?)

 少しの興味を惹かれて彼に声をかけ――――ようとして。出かかった言葉は先程のA組女子を思い出してピタリと止まる。

(ダメです。ヒーロー科に在籍している人間はすべからく警戒すべきです)

 小さな好奇心に蓋をして、気づかれない様に気配を消す。
 
「指は治ったのかい?」
「わ! 飯田くん……! うん、リカバリーガールのおかげで……」

 そんな私を通り越して『エンジン』の子が緑谷くんに声をかける。

「しかし、相澤先生にはやられたよ。俺は『これが最高峰!』とか思ってしまった! 教師がウソで鼓舞するとは……」

 少しだけ歩く速度が落ちた2人の横を、気配無く追い越そうとして「おーい!」……今だけは聞きたくなかった声が届いてくる。

「トガさーん! 駅までだよね? 待ってー!」
「……ひぇ」

 近くの人間に焦点をあわせすぎて、遠距離から簡単に発見されてしまった。

「君は∞女子。それに最下位女子!?」
「え? いつの間に!?」
「麗日お茶子です! それにこの子はトガヒミコちゃん! えっと飯田天哉くんに緑谷……デクくん! だよね!!」
「デク!?」

 代わりに自己紹介されてしまいました。
 しかも、駆け寄ってくる勢いでするっと腕を絡めとられてしまう。笑っているけど『逃がさない』的な圧力を感じてしまう。

「え? だってテストの時、爆豪って人が」
「あの……本名は出久で……デクはかっちゃんがバカにして……」
「蔑称か」
「えーそうなんだ!! ごめん!!」

 ……会話を続けるなら離してくれません?

 この場、というか麗日ちゃんから逃げたいですっ。犬歯も疼くし良い匂いするしこの先の展開も怖いしでヤなんですっ!
 ええい、ここははっきりと言うんです。麗日さんの顔をバッと見て。


「でも『デク』って……『頑張れ!!』って感じで、なんか好きだ私」


 カァイイなあ!!

 今は恐怖の対象だけど、笑顔が理想でカァイすぎます大好きです!

「デクです」
「緑谷くん!!」

 気持ちは分かります! でも、緑谷くんはそれでいいんですか?

「浅いぞ!! 蔑称なんだろ!?」
「コペルニクス的転回……」
「コペ?」

 麗日ちゃんと同じく首を傾げていたら、麗日ちゃんが「なんだろね?」って笑いかけてくれる。
 不意打ちにドキっとしていたら「トガさん、気づいたら教室にいなくてびっくりしたよー」と、腕に力がこもる。……あ。これ、もう逃げられない奴ですね。
 ガラケーで『見つけました。このまま一緒に帰ります!』って、葉隠ちゃんに送っているのが見えた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析